掲示板だれでも自由に参加できます。

大好きなクルマのこと、お悩み相談、お出かけ報告、他愛も無いおしゃべり。
どんな“テーマ”でも自由に掲示し、みんなでコミュニケーションしましょう。
自慢の写真、とっておきのエピソードも投稿してください。

BREEZE ブログ on #スバコミ
BREEZE オフィシャルtwitterBREEZE オフィシャルfacebookページ

あったらイイな!!

  1. ‹ 以前の記事を読む
  2. 2016/05/01 08:23
    ID : 998

    イギリスでは旧車は税金免除になるそうで…他にもイタリアではミッレ・ミリアなどのクラシックカーレースが盛んに行われてたり。国やその国に住む国民全体が自動車というモノをただの移動手段の道具と捉えず、「文化」として成り立ち、国もそれに理解してるからこそ、F1ドライバーやWRCドライバーなどの世界最高峰のレースに出場出来るドライバーは、あちらの国の人が多いような気がします。
    多分、ここに集うスバリストの皆さんも車に拘る人ばかりで、そんな皆さんのメガネに叶ったのがスバルだった…という方が多いと思います。そんなスバリストの皆さんにとっても「自動車は文化である」という私の主張にも同意頂けたら大変嬉しいです。

    4
    twinkle 事務局への相談

  3. 2016/05/01 14:37
    ID : 1005

    @ek32k111 イギリスでは旧車は税金免除になるそうで…他にもイタリアではミッレ・ミリアなどのクラシックカーレースが盛んに行われてたり。国やその国に住む国民全体が自動車というモノをただの移動手段の道具と捉えず、「文化」として成り立ち、国もそれに理解してるからこそ、F1ドライバーやWRCドライバーなどの世界最高峰のレースに出場出来るドライバーは、あちらの国の人が多いような気がします。
    多分、ここに集うスバリストの皆さんも車に拘る人ばかりで、そんな皆さんのメガネに叶ったのがスバルだった…という方が多いと思います。そんなスバリストの皆さんにとっても「自動車は文化である」という私の主張にも同意頂けたら大変嬉しいです。

    ek32k111さん、こんにちわ。

    私も「自動車は文化」ということについては異論はありません。

    それは特に内燃機関が20世紀最大の発明にして最高の工業製品だと云うこと、それが文明の進歩に大きく貢献したこと、強いては人々の生活のスタイルまでも完全に変えてしまったことを考えれば、当にそれは文化そのものだと思います。

    ただしヨーロッパ(特に英・仏・独・伊)と明らかに違うのは、日本の自動車はこれらを徹底的に模倣することからスタートしているということです。

    つまりルーツではないということです。

    ヨーロッパ(特に英・仏・独・伊)には産業革命以降、工業立国としてのルーツと歴史がありますので、つまるところモノづくりの拘りとかプライドがそもそも全然違ったということでしょうか。(ただし日本も古来からモノづくりに対する拘りとプライドは独自に発展させてきました)

    それが自国の産業・経済を発展させる原動力にもなってきました。(後年日本もそうなりました?)

    今日では日本の場合も積み上げてきた自動車の歴史は確かにありますが、それに対する評価や価値観が人により立場により様々で、文化面だけで捉えることがはなはだ難しいのではないかと云うことです。

    つまり日本は元々加工貿易立国で、原材料を加工することは元より製品化されたものでさえ輸入してオリジナルが舌を巻くほどの、それこそルーツを超えるようなモノづくり・発想と技術を進化させてきましたが、それはあくまでも加工、改良、改善の領域であって、創造ではなかったということではないでしようか。

    ここに大きな違いがあるのだと思います。

    さて、文化というのはいったい何でしょう?

    私はそれはオリジナリティだと思うのですが・・・(ルーツはオリジナリティの原点=プライド)

    そう考えれば、こと自動車に関する限りヨーロッパと同等、同質の文化を望むことは悔しいですがムリでしょう。

    故に、そろそろヨーロッパとは全く違った日本独自の自動車文化ということを真剣に考える必要があるのではないでしょうか?

    などと偉そうに小難しい論を展開しましたが、とどのつまり私も含めて日本人は未だに近年ヨーロッパに対しての憧れと劣等感を捨てきれないでいるということなのでしょうね。(笑)

    4
    twinkle 事務局への相談

  4. 2016/05/01 18:19
    ID : 1006

    @アールエーアール鈴鹿 ek32k111さん、こんにちわ。

    私も「自動車は文化」ということについては異論はありません。

    それは特に内燃機関が20世紀最大の発明にして最高の工業製品だと云うこと、それが文明の進歩に大きく貢献したこと、強いては人々の生活のスタイルまでも完全に変えてしまったことを考えれば、当にそれは文化そのものだと思います。

    ただしヨーロッパ(特に英・仏・独・伊)と明らかに違うのは、日本の自動車はこれらを徹底的に模倣することからスタートしているということです。

    つまりルーツではないということです。

    ヨーロッパ(特に英・仏・独・伊)には産業革命以降、工業立国としてのルーツと歴史がありますので、つまるところモノづくりの拘りとかプライドがそもそも全然違ったということでしょうか。(ただし日本も古来からモノづくりに対する拘りとプライドは独自に発展させてきました)

    それが自国の産業・経済を発展させる原動力にもなってきました。(後年日本もそうなりました?)

    今日では日本の場合も積み上げてきた自動車の歴史は確かにありますが、それに対する評価や価値観が人により立場により様々で、文化面だけで捉えることがはなはだ難しいのではないかと云うことです。

    つまり日本は元々加工貿易立国で、原材料を加工することは元より製品化されたものでさえ輸入してオリジナルが舌を巻くほどの、それこそルーツを超えるようなモノづくり・発想と技術を進化させてきましたが、それはあくまでも加工、改良、改善の領域であって、創造ではなかったということではないでしようか。

    ここに大きな違いがあるのだと思います。

    さて、文化というのはいったい何でしょう?

    私はそれはオリジナリティだと思うのですが・・・(ルーツはオリジナリティの原点=プライド)

    そう考えれば、こと自動車に関する限りヨーロッパと同等、同質の文化を望むことは悔しいですがムリでしょう。

    故に、そろそろヨーロッパとは全く違った日本独自の自動車文化ということを真剣に考える必要があるのではないでしょうか?

    などと偉そうに小難しい論を展開しましたが、とどのつまり私も含めて日本人は未だに近年ヨーロッパに対しての憧れと劣等感を捨てきれないでいるということなのでしょうね。(笑)

    ek32k111さん、アールエーアール鈴鹿さん、こんにちは。

    自動車メーカーがそれを造ってくれるから、それを与えてもらった…僕はそんな気がしています。

    元々に創造というよりも、戦後復興と高度成長期に、他国の創造を手本にして、それをも超えるものづくり文化が育った国だと

    いうことは教科書では学んでいます。アールエーアール鈴鹿さんの文末でおっしゃられているのと同様に、日本には無いものをそれを持つ国の文化として

    羨ましいという気持ちで見ているだけかもしれない~自身そんなことを思いました。

    自動車なんて~と書いてしまえば、国内法規にのっとって、人やモノを運ぶ移動手段の道具だと割りきってしまえば、

    単なる実用品にすぎないのかもしれません。

    エンジン音さえも今の日本の土壌では、無用の長物なのかもしれませんよね。

    排気ガスを減らす努力はなんぴとたりとも必須だと思います。しかしながら、日本がヨーロッパ圏に肩を並べることだけが、

    日本のモータリゼーションが目指すところなのでしょうかね。(なんて偉そうにすみません)

    クルマが大好き♪…という子供の頃に抱いた気持ちは、もはや誤ったものになってしまうのでしょうか。

    個人的な感想ですが、つまらない国になってしまうな~と ふと思いました。

    規制緩和が色々な分野で行われた時期から見ると、スバル車に乗っているだけでも、時々、息苦しい場面に遭遇することがあります。(特に音です)

    完璧完璧と…、エコエコ…、マフラーの騒音規制強化、何か見つければ誰かが悪い~など、息苦しい国になったような気がします。

    大好きなスバル車を愛する気持ちは今後も変わらないと思っています。

    …しかしながら、使用過程のクルマに関しては、何らかの救済策を示してほしいと切に願います。

    日本がエコカーを推奨している風潮なのは理解しているつもりです。

    結局は日本の法律下でナンバー返納されたとしても、どこかの国で余生を送るクルマが多いこと…今年はR32 GT-Rが

    アメリカ向けに実質の輸出解禁となり、国内中古車も軒並み価格高騰していますよね。

    最終的には、性能をスポイルしてもいいから、車検が今後も通過できるマフラーを供給してもらいたい!切なる思いです。

    メーカーさんもコスト上、実態を考えれば、新しいものを買ってくださいよー!との思いがあることは理解しているつもり。

    末永く、御社の造ったクルマに惚れ、維持費用や手間がかかってでも、古くはスバル360までも多く現存している姿に、

    今後の出来うる限りの対応を望みたいところです。

    3
    twinkle 事務局への相談

  5. 2016/05/01 18:42
    ID : 1007

    アールエーアール鈴鹿さん、相川さん、全く仰せの通りなんですよね。日本の自動車の歴史は欧米を真似する事から始まり、そのオリジナルを超える程の独自性で自動車産業の大国とまでなってきたんですが、その歴史の積み重ねがどうも欧米のようには行かなかった節があるように思えます。例えばコスパや燃費、排気ガス規制など。自動車レースもまた然り。TV中継やその他のメディアへの露出が少ないのも日本独特な車に対する考え方なのかもしれません。いくら日本のT社が販売台数を世界一伸ばしてもこの日本人の考え方が変わらない限り日本の「自動車は文化である」と唱えたとしても欧米からは嘲笑されるのがオチでしょうね。相川さんが仰る「欧米と肩を並べるだけが文化なのでしょうか?」との問いにも頷けるものがあります。ですが事実、日本国内で行われるFIA公認のクラシックカーレース、La Festa Mille Migliaの出場車種は「あちらの国」の車が殆どです。仮に大金を叩いて、出場資格が十分にあるスバル360で私が出場したら、あちらの国の車の参加者に嘲笑されるでしょう。そういう日本人の無意識の中にある差別感というか、格差があるのが残念でなりません。私自身、かつてスバル360を所有していた者として、日本の旧車も歴史を築いてきた文化財だと思うのです。文化財は建物ばかりじゃないと思うのです。相川さんの仰るように、確かに時代に逆行し、環境への影響もあるでしょう。ですが私も日本の古い車に対する敬意がもう少し何かしらの形であっても良いと思うのです。それ故の「文化財保護」の観点からのスバルに対するレストア部門の開設要求なのです。

    4
    twinkle 事務局への相談

  6. 2016/05/01 19:50
    ID : 1010

    @ek32k111 アールエーアール鈴鹿さん、相川さん、全く仰せの通りなんですよね。日本の自動車の歴史は欧米を真似する事から始まり、そのオリジナルを超える程の独自性で自動車産業の大国とまでなってきたんですが、その歴史の積み重ねがどうも欧米のようには行かなかった節があるように思えます。例えばコスパや燃費、排気ガス規制など。自動車レースもまた然り。TV中継やその他のメディアへの露出が少ないのも日本独特な車に対する考え方なのかもしれません。いくら日本のT社が販売台数を世界一伸ばしてもこの日本人の考え方が変わらない限り日本の「自動車は文化である」と唱えたとしても欧米からは嘲笑されるのがオチでしょうね。相川さんが仰る「欧米と肩を並べるだけが文化なのでしょうか?」との問いにも頷けるものがあります。ですが事実、日本国内で行われるFIA公認のクラシックカーレース、La Festa Mille Migliaの出場車種は「あちらの国」の車が殆どです。仮に大金を叩いて、出場資格が十分にあるスバル360で私が出場したら、あちらの国の車の参加者に嘲笑されるでしょう。そういう日本人の無意識の中にある差別感というか、格差があるのが残念でなりません。私自身、かつてスバル360を所有していた者として、日本の旧車も歴史を築いてきた文化財だと思うのです。文化財は建物ばかりじゃないと思うのです。相川さんの仰るように、確かに時代に逆行し、環境への影響もあるでしょう。ですが私も日本の古い車に対する敬意がもう少し何かしらの形であっても良いと思うのです。それ故の「文化財保護」の観点からのスバルに対するレストア部門の開設要求なのです。

    ek32k111 さん、返信ありがとうございます。
    お世辞ではなく、おっしゃるとおり!と同感です。
    モノを大切にする文化、使い捨てが始まった時代から、過去のものがどんどんと粗末に扱われている空気を感じます。
    自動車という性質上、趣味性が高い部分もあるかと思いますが、毎日毎日の道具として、それを末永く愛用することが今の日本では「悪」なのでしょうかね。事故車でもない限り、10万キロを超えて消耗部品が多くなってくる頃になると、直すよりも買ったほうが安いよ~と一括して言われることを多く耳にします。皆が古い車に乗る必要はありませんが、愛着愛用愛情をもって苦労して維持しているのに、部品供給が断たれ、維持にも危機感が出てくるに、それが経済だよと言われてしまえばそれまでですが、もしかすると、想像の域ですが、製造メーカーにてお仕事に従事していても、色々な問題にて、愛社愛車精神が今の時代はもう無いのかとさえ思います。そうした中でもスバルの一部ディーラーさん、また他社ではN産のモータースポーツ室等は、コストこそかかりますが、実直な仕事をなされていると感じます。H技研さんも、創始者が居られた時代には、1960年代のパーツ供給まで行っていたのですが、創始者さんがいなくなってからは、古い車両(四輪・二輪含め)のパーツ供給が悪くなったことを思い出します。

    これからはレストア部門等も含めて、活路を見出さないと、生き残れない時代がくるのかもしれませんよね。
    多くの意見を取り入れ、少数、儲からない客は切り捨てるのか?そうではないと信じたいです。

    4
    twinkle 事務局への相談

  7. 2016/05/01 20:05
    ID : 1011

    @ek32k111 アールエーアール鈴鹿さん、相川さん、全く仰せの通りなんですよね。日本の自動車の歴史は欧米を真似する事から始まり、そのオリジナルを超える程の独自性で自動車産業の大国とまでなってきたんですが、その歴史の積み重ねがどうも欧米のようには行かなかった節があるように思えます。例えばコスパや燃費、排気ガス規制など。自動車レースもまた然り。TV中継やその他のメディアへの露出が少ないのも日本独特な車に対する考え方なのかもしれません。いくら日本のT社が販売台数を世界一伸ばしてもこの日本人の考え方が変わらない限り日本の「自動車は文化である」と唱えたとしても欧米からは嘲笑されるのがオチでしょうね。相川さんが仰る「欧米と肩を並べるだけが文化なのでしょうか?」との問いにも頷けるものがあります。ですが事実、日本国内で行われるFIA公認のクラシックカーレース、La Festa Mille Migliaの出場車種は「あちらの国」の車が殆どです。仮に大金を叩いて、出場資格が十分にあるスバル360で私が出場したら、あちらの国の車の参加者に嘲笑されるでしょう。そういう日本人の無意識の中にある差別感というか、格差があるのが残念でなりません。私自身、かつてスバル360を所有していた者として、日本の旧車も歴史を築いてきた文化財だと思うのです。文化財は建物ばかりじゃないと思うのです。相川さんの仰るように、確かに時代に逆行し、環境への影響もあるでしょう。ですが私も日本の古い車に対する敬意がもう少し何かしらの形であっても良いと思うのです。それ故の「文化財保護」の観点からのスバルに対するレストア部門の開設要求なのです。

    相川さん、ek32k111さん、こんばんわ。

    お二人の思いを頷きながら読ませて頂きました。

    日本のモータリゼーションの黎明期から華やかなりしころまで、メーカーがお手本として目指したのはやはり欧米のクルマづくりでした。

    しかし、排ガス規制が世界的な流れで始まった70年代から、特に日本では様子が少しづつ変わってきたことは事実でしょう。

    世界各国の排ガス規制をクリアするために、日本人エンジニアは様々な創意工夫を凝らしていきました。

    その後、化石燃料の枯渇を少しでも遅らせるための涙ぐましいまでの省エネ競争。

    地球規模で問題になっている環境対策。

    そしてついに内燃機関そのものに見切りを付けるがごとくの方向転換と、今まさにグローバル規模で大きく流れが変わろうとしています。

    そしてその舵取りをも確実にリードしてきた日本のメーカーが、未来に描くモータリゼーションとはいったいどのようなものでしょうか?

    巨大な産業として、経済の牽引役として、人々の生活の道具としては、そろそろ道筋が見えてきても良いのでは?

    一方で世界中に溢れている日本車たち、本国ではとうの昔にその役割を終えてスクラップになっていてもおかしくない彼らはどうなっていくのでしょうか?

    確かに自動車という製品は、耐久消費財でいつかは土に還ってしまうのでしょうけれど、その自動車の価値とはなんなのでしょう?

    ek32k111さんが仰るように、古いクルマに対する敬意がもっとあってもいいのでは・・・というお気持ちも本当によく解ります。

    そのとおり、過去に製造されたクルマ1台1台には、かつてはかけがえのないオーナーの思いがあったはずで、そういう意味では単なる工業生産品ではありません。

    たぶんそういう人の思いこそが、文化財としての本当の価値なのではないかと思います。

    2
    twinkle 事務局への相談

  8. 2016/05/01 21:38
    ID : 1012

    相川さん、アールエーアール鈴鹿さん、お二方共、私と「思い」は一緒のようで大変嬉しく思っております。
    自動車製造メーカーであるスバルとしては、いくらでも新車販売台数をのばした方がいいんでしょうけど、私自身、スバルという会社は「そんじょそこらの自動車メーカー」じゃないと思うんです。クラフトマンシップが宿る、頑固な職人集団、そんな勝手なイメージを膨らませております。
    言い換えれば伝統工芸師のような…例えるなら鍛治職人。包丁を毎日毎日自分の腕だけで鍛錬し続けてモノ作りに拘る。決して楽で安価な大量生産品を作ろうとはせず、切れ味の鋭い包丁を作る。そんな包丁が全国の料理人に理解されてるからこそ誰もが欲しがる。もちろん、その包丁を手にした料理人は生涯大事に使い込み、自分の身体の一部として使いこなして料理をお客に振る舞う。そして使い込むうちに刃こぼれしたり、使い込み過ぎて小さくなった包丁はまた職人に送り返しまた新たに刃を付け直して料理人の手元に届けられる。その繰り返しで1つの包丁が末長く愛され使われ続ける。私はスバルならそんな鍛治職人の精神で車作りが出来る数少ない自動車メーカーだと思ってます。そうあって欲しいです。

    2
    twinkle 事務局への相談

  9. 2016/05/13 15:51
    ID : 1091

    @ek32k111 相川さん、アールエーアール鈴鹿さん、お二方共、私と「思い」は一緒のようで大変嬉しく思っております。
    自動車製造メーカーであるスバルとしては、いくらでも新車販売台数をのばした方がいいんでしょうけど、私自身、スバルという会社は「そんじょそこらの自動車メーカー」じゃないと思うんです。クラフトマンシップが宿る、頑固な職人集団、そんな勝手なイメージを膨らませております。
    言い換えれば伝統工芸師のような…例えるなら鍛治職人。包丁を毎日毎日自分の腕だけで鍛錬し続けてモノ作りに拘る。決して楽で安価な大量生産品を作ろうとはせず、切れ味の鋭い包丁を作る。そんな包丁が全国の料理人に理解されてるからこそ誰もが欲しがる。もちろん、その包丁を手にした料理人は生涯大事に使い込み、自分の身体の一部として使いこなして料理をお客に振る舞う。そして使い込むうちに刃こぼれしたり、使い込み過ぎて小さくなった包丁はまた職人に送り返しまた新たに刃を付け直して料理人の手元に届けられる。その繰り返しで1つの包丁が末長く愛され使われ続ける。私はスバルならそんな鍛治職人の精神で車作りが出来る数少ない自動車メーカーだと思ってます。そうあって欲しいです。

    相川さん、アールエーアール鈴鹿さん、ek32k111さん、カタチは違っても、皆さんの思いがつながってるのがうれしいですね。

    3
    twinkle 事務局への相談

  10. 2016/05/13 17:06
    ID : 1092

    日本の伝統工芸品はもちろんですが、工業製品にも同じ様に造り手の思いがこもったモノが世界で認められています。
    時折、テレビで放映される(和風・・・)(日本の・・・)等で海外の職人が使い続ける道具や工業機械は誇りに思えますね。

    たとえば、ダイソンの掃除機のモーターは日本製。小型軽量のタービンの製造機械も日本製です。

    原点はどうあれ、造り手と使う人の思いが繋がったところに文化が生まれると思います。
    SUBARUにも造り手の思いが伝わる車造りを続けて欲しいと思います。
    安全性をすべてのユーザーに届けたい。走る喜びを感じて欲しい。基本理念は今も変わらないと信じています。

    ちょっと脱線しますが、車の空力ってエンジンルームとかタイヤハウスとか下回りまで計算に入れるんでしょうか?

    先日、受信料を払って見る番組(凄ワザ)で人力自転車で最高速を競ってましたが、僅かな差が大きな違いを生んでました。
    空力計算の得意なSUBARUに見えない所の再検討をして欲しいと思ったしだいです。
    巨大ドアミラーとかパラシュートバンパーとかスカスカエンジンルームとか見直せるかと・・・
    BRZのダクトが塞がってるのが不思議です。
    ワイパー形状やリアワイパーの是非、大型フォグランプの是非も問えますね。
    みんなに受ける燃費も向上するし、ハンドリングや静粛性能、トルク感も増すのでは・・・

    鈴鹿さんの嫌いな付加価値の話です。

    エアコンのダクトも空力性能を向上すれば効率が上がってエンジンへの負担が少しは軽くなるかも。

    オート機能は集約してスイッチもスマートにして欲しいです、ワイパーのレバーやウインカーのレバーに同居しても意味ないのでは・・・まず、僕は使わないし、使う人は入れっぱなしでしょう。

    オートエアコンにワイパーデアイサーとリアデフの機能をつけると便利です。

    パワーシートのメモリー機能にドアミラーのメモリー機能があると便利です。

    リアカメラを付ける場合も想定したリアガーニッシュがあるとスッキリ収まりますね。
    ついでに水滴を吹き飛ばす機能があると雨の日に便利です。

    ・・・どうせ付けるならSUBARUらしい機能にして欲しいです。
    ドコかの部品を付けるだけじゃナサケナイですね。かつてのレガシィのカップホルダーに拘ったみたいな遊びも欲しいと思います。理にかなった機能と操作性、デザインが本当の付加価値に繋がるのです。

    富士重の社名がSUBARUになり既存の技術を車造りに生かすという事ですが・・・今までは生かしてなかったのか?と思いましたが更なる飛躍に期待したいです。

    4
    twinkle 事務局への相談

  11. 2016/05/13 17:42
    ID : 1093

    @kintakunte 日本の伝統工芸品はもちろんですが、工業製品にも同じ様に造り手の思いがこもったモノが世界で認められています。
    時折、テレビで放映される(和風・・・)(日本の・・・)等で海外の職人が使い続ける道具や工業機械は誇りに思えますね。

    たとえば、ダイソンの掃除機のモーターは日本製。小型軽量のタービンの製造機械も日本製です。

    原点はどうあれ、造り手と使う人の思いが繋がったところに文化が生まれると思います。
    SUBARUにも造り手の思いが伝わる車造りを続けて欲しいと思います。
    安全性をすべてのユーザーに届けたい。走る喜びを感じて欲しい。基本理念は今も変わらないと信じています。

    ちょっと脱線しますが、車の空力ってエンジンルームとかタイヤハウスとか下回りまで計算に入れるんでしょうか?

    先日、受信料を払って見る番組(凄ワザ)で人力自転車で最高速を競ってましたが、僅かな差が大きな違いを生んでました。
    空力計算の得意なSUBARUに見えない所の再検討をして欲しいと思ったしだいです。
    巨大ドアミラーとかパラシュートバンパーとかスカスカエンジンルームとか見直せるかと・・・
    BRZのダクトが塞がってるのが不思議です。
    ワイパー形状やリアワイパーの是非、大型フォグランプの是非も問えますね。
    みんなに受ける燃費も向上するし、ハンドリングや静粛性能、トルク感も増すのでは・・・

    鈴鹿さんの嫌いな付加価値の話です。

    エアコンのダクトも空力性能を向上すれば効率が上がってエンジンへの負担が少しは軽くなるかも。

    オート機能は集約してスイッチもスマートにして欲しいです、ワイパーのレバーやウインカーのレバーに同居しても意味ないのでは・・・まず、僕は使わないし、使う人は入れっぱなしでしょう。

    オートエアコンにワイパーデアイサーとリアデフの機能をつけると便利です。

    パワーシートのメモリー機能にドアミラーのメモリー機能があると便利です。

    リアカメラを付ける場合も想定したリアガーニッシュがあるとスッキリ収まりますね。
    ついでに水滴を吹き飛ばす機能があると雨の日に便利です。

    ・・・どうせ付けるならSUBARUらしい機能にして欲しいです。
    ドコかの部品を付けるだけじゃナサケナイですね。かつてのレガシィのカップホルダーに拘ったみたいな遊びも欲しいと思います。理にかなった機能と操作性、デザインが本当の付加価値に繋がるのです。

    富士重の社名がSUBARUになり既存の技術を車造りに生かすという事ですが・・・今までは生かしてなかったのか?と思いましたが更なる飛躍に期待したいです。

    @kintakunte 日本の伝統工芸品はもちろんですが、工業製品にも同じ様に造り手の思いがこもったモノが世界で認められています。
    時折、テレビで放映される(和風・・・)(日本の・・・)等で海外の職人が使い続ける道具や工業機械は誇りに思えますね。

    たとえば、ダイソンの掃除機のモーターは日本製。小型軽量のタービンの製造機械も日本製です。

    原点はどうあれ、造り手と使う人の思いが繋がったところに文化が生まれると思います。
    SUBARUにも造り手の思いが伝わる車造りを続けて欲しいと思います。
    安全性をすべてのユーザーに届けたい。走る喜びを感じて欲しい。基本理念は今も変わらないと信じています。

    ちょっと脱線しますが、車の空力ってエンジンルームとかタイヤハウスとか下回りまで計算に入れるんでしょうか?

    先日、受信料を払って見る番組(凄ワザ)で人力自転車で最高速を競ってましたが、僅かな差が大きな違いを生んでました。
    空力計算の得意なSUBARUに見えない所の再検討をして欲しいと思ったしだいです。
    巨大ドアミラーとかパラシュートバンパーとかスカスカエンジンルームとか見直せるかと・・・
    BRZのダクトが塞がってるのが不思議です。
    ワイパー形状やリアワイパーの是非、大型フォグランプの是非も問えますね。
    みんなに受ける燃費も向上するし、ハンドリングや静粛性能、トルク感も増すのでは・・・

    鈴鹿さんの嫌いな付加価値の話です。

    エアコンのダクトも空力性能を向上すれば効率が上がってエンジンへの負担が少しは軽くなるかも。

    オート機能は集約してスイッチもスマートにして欲しいです、ワイパーのレバーやウインカーのレバーに同居しても意味ないのでは・・・まず、僕は使わないし、使う人は入れっぱなしでしょう。

    オートエアコンにワイパーデアイサーとリアデフの機能をつけると便利です。

    パワーシートのメモリー機能にドアミラーのメモリー機能があると便利です。

    リアカメラを付ける場合も想定したリアガーニッシュがあるとスッキリ収まりますね。
    ついでに水滴を吹き飛ばす機能があると雨の日に便利です。

    ・・・どうせ付けるならSUBARUらしい機能にして欲しいです。
    ドコかの部品を付けるだけじゃナサケナイですね。かつてのレガシィのカップホルダーに拘ったみたいな遊びも欲しいと思います。理にかなった機能と操作性、デザインが本当の付加価値に繋がるのです。

    富士重の社名がSUBARUになり既存の技術を車造りに生かすという事ですが・・・今までは生かしてなかったのか?と思いましたが更なる飛躍に期待したいです。

    Kintakunteさんもスバルに対する思いは同じで嬉しいです。
    私もデザインの見直しには大賛成です。私は機能を追求すれば必ずそこに機能美が生まれるものだと思ってます。一切の妥協や無駄を許さず、徹底的に人間工学に基づいた機能の利便性や快適性、安全性だけを求める。スバルはそれを可能にする会社だと思ってます。
    それにしても私も含め、世の中のスバリストと言う名のエンスージアストという奴はスバルを愛するが故の無理難題を押し付けるものですね、スバルにしてみたら頭が痛いでしょう(笑)こんなにもヘヴィでコアなファンばかりでしょうから(苦笑)他の自動車メーカーのファンはここまで言わないと思います、多分(笑)
    でも、富士重工の名前は残して欲しかったなぁ。「フ」のマークが無くなるのは寂しいです。

    2
    twinkle 事務局への相談

  12. 2016/05/14 00:57
    ID : 1099

    スバリストに類するファンを持つメーカーは他にはないんじゃないでしょうか。
    まさに、他の追随を許さないSUBARUならではのモノだと思います。

    伝統と革新は両立できると思います。
    先人達が何を求め、何に拘り、何を守ってきたのかを理解すれば新たな技術もSUBARUらしくできると思います。

    パナソニックのオーディオブランド『テクニクス』が復活しました。
    一度捨てた技術を復活するのは大変だったようです。
    人の感性が重要なオーディオ製品には経験と熟練の技術が必要不可欠なのです。

    SUBARUの車も感性レベルまで到達していると思います。
    安易な効率化は自らの価値を否定することです。
    SUBARUの車造りはベース車が基本であることが素晴らしいのです。
    高級グレードから手抜きしたのがベースグレードではないのです。

    同じ価格なら少しでも性能のイイ物を、
    僅かな価格差なら信頼性の高いモノを、
    技術的に難しくても理にかなった方を、
    数値にできなくても感覚的に優れた方で、

    そんな車造りがスバリストを生んできたのです。
    多くの大企業が売れるモノを造るだけでは駄目だと気付いています。
    T社もファンを獲得するために躍起になってます。
    SUBARUにはすでにあるんですよ。それが一番の強さだと思います。

    安心、安全だけでなくモータースポーツにも強い事をアピールして欲しいです。

    販売台数を伸ばすのも大切ですが、原点を忘れないで欲しいです。

    思いだしましたが、M社がミニバンから撤退する理由は変ですね。
    大きな市場を捨てて、リスクの大きい市場規模の小さいスポーツカーを作るのは変でしょう。
    SUBARUが軽を捨てた様に、ドコかに上手く誘導されてるんじゃないですかね・・・。
    それから、社員に自社の車を半強制で売るのは良くないですね。
    他社の車に乗ってこそSUBARUの良さがわかるし、顧客にもアピールできると思います。
    まずは敵を知ることも大切だと思うのですが・・・。

    4
    twinkle 事務局への相談

  13. 2016/05/14 09:44
    ID : 1102

    @kintakunte スバリストに類するファンを持つメーカーは他にはないんじゃないでしょうか。
    まさに、他の追随を許さないSUBARUならではのモノだと思います。

    伝統と革新は両立できると思います。
    先人達が何を求め、何に拘り、何を守ってきたのかを理解すれば新たな技術もSUBARUらしくできると思います。

    パナソニックのオーディオブランド『テクニクス』が復活しました。
    一度捨てた技術を復活するのは大変だったようです。
    人の感性が重要なオーディオ製品には経験と熟練の技術が必要不可欠なのです。

    SUBARUの車も感性レベルまで到達していると思います。
    安易な効率化は自らの価値を否定することです。
    SUBARUの車造りはベース車が基本であることが素晴らしいのです。
    高級グレードから手抜きしたのがベースグレードではないのです。

    同じ価格なら少しでも性能のイイ物を、
    僅かな価格差なら信頼性の高いモノを、
    技術的に難しくても理にかなった方を、
    数値にできなくても感覚的に優れた方で、

    そんな車造りがスバリストを生んできたのです。
    多くの大企業が売れるモノを造るだけでは駄目だと気付いています。
    T社もファンを獲得するために躍起になってます。
    SUBARUにはすでにあるんですよ。それが一番の強さだと思います。

    安心、安全だけでなくモータースポーツにも強い事をアピールして欲しいです。

    販売台数を伸ばすのも大切ですが、原点を忘れないで欲しいです。

    思いだしましたが、M社がミニバンから撤退する理由は変ですね。
    大きな市場を捨てて、リスクの大きい市場規模の小さいスポーツカーを作るのは変でしょう。
    SUBARUが軽を捨てた様に、ドコかに上手く誘導されてるんじゃないですかね・・・。
    それから、社員に自社の車を半強制で売るのは良くないですね。
    他社の車に乗ってこそSUBARUの良さがわかるし、顧客にもアピールできると思います。
    まずは敵を知ることも大切だと思うのですが・・・。

    Kintakunteさん、全く同意ですね。
    原点回帰、この基本に還るというのは大事だと思います。また、シンプル イズ ベストという言葉も当てはまるんじゃないでしょうか。飛行機屋であったスバルは百瀬晋六氏のもとで必死になって軽量化を目指した。車を軽くすれば車の運動性能が上がる。車の運動性能が上がれば箱根の山だって楽に越えられる。今の現行車に置き換えるならば、ボディ重量を増やしてまで今まで無かった安全装備を付けるか否か?でしょうね。重くなればそれだけ運動性能が落ちる。でも安全性能は高めたい。スバルにしてみたらそれを知っているからこそジレンマでしょう。しかも、付けるならただポン付けするだけじゃなくそれに伴うデザインや操作性も考えなくちゃならない。ボディ剛性、重量、安全性…プラットホームの統一化をしたとはいえ、課題は山積なはずですね。でも、スバルにはしっかりとした歴史、原点がありますから壁にぶち当たったら原点に立ち返って欲しいですね。
    私はあまり他所様の事をとやかく言わないのですが、T車の新型、某ハイブリッド車…あのデザインで若い人を取り込めるんですかねぇ。正直、どの角度から見ても見るに堪えないデザインです。社長のモ◯ゾーさん、モータースポーツにも積極的で支持する人も多いようですが、私はあの人はセンスない人だと思ってます。あんな、人を不快にするデザインの車を世に出したんですから(笑)
    でも、そのデザインに拘ったおかげで好調なM社。実は昨年、私はそのM社の2シーターオープンカーの試乗をしたんです。正直言って、私は物足りなさを感じましたね。まず、エンジンが非力過ぎる。1トンを切る重量は素晴らしいですが、130馬力にも満たないエンジンではせっかくのライトウェイトが台無しです。それからペダル位置がダメでした。MT車を試乗したのですが、シャーシがAT車と共用のためか、足元のセンタートンネルが膨らみ過ぎて、3つのペダルが右寄りに設置されているんです。共用シャーシで右寄りなのは仕方ないのはわかりますが、それの苦肉の策でクラッチペダルの位置がハンドルセンターの真下の位置に設置されてました。これは運転しにくいですよ。極端に言うと足元だけ右を向いて運転してる感じなのです。私はこんな車が昨年の数々の賞を取ったのか?と疑問に思いましたね。このペダル位置の件、モータージャーナリストと呼ばれてる人の数々のインプレッションの中で誰一人指摘する人がいませんでした。
    私はSG5フォレスターのX20のMT車を借りて運転した事ありますが、このM社のオープンカーほどペダル位置に違和感が無かったです。普通に、すんなり運転出来ました。まぁ、10年以上も前の車と現行車を比べるのはナンセンスかもしれませんが、それにしたって酷いもんでした。楽しいんだろうな?って思ってワクワクしながら乗ってみたらガッカリしたんですから。唯一秀逸だと思ったのはオープントップの開閉が10秒かからないで開け閉め出来る事でした。これは素晴らしかった。あと、オープンでも風の巻き込みが殆どない。これも凄いと思いました。でも、エンジンが非力で運転操作がしにくいペダル位置。慣れればいいって思いがちですが、そもそもスバルならこんな作り方しないですよね。まぁ、元々冷やかしで行ったんですけどね(笑)
    スバルの社員の人がスバル車を強制的に乗らせるのは仕方ない事だと思います。自社製品ですしね、でも時々はレンタカーで他社の車を借りて乗って欲しいですね。いい所も悪い所もいっぱい見えてきます。

    2
    twinkle 事務局への相談

  14. 2016/05/16 01:52
    ID : 1109

    @ek32k111 Kintakunteさん、全く同意ですね。
    原点回帰、この基本に還るというのは大事だと思います。また、シンプル イズ ベストという言葉も当てはまるんじゃないでしょうか。飛行機屋であったスバルは百瀬晋六氏のもとで必死になって軽量化を目指した。車を軽くすれば車の運動性能が上がる。車の運動性能が上がれば箱根の山だって楽に越えられる。今の現行車に置き換えるならば、ボディ重量を増やしてまで今まで無かった安全装備を付けるか否か?でしょうね。重くなればそれだけ運動性能が落ちる。でも安全性能は高めたい。スバルにしてみたらそれを知っているからこそジレンマでしょう。しかも、付けるならただポン付けするだけじゃなくそれに伴うデザインや操作性も考えなくちゃならない。ボディ剛性、重量、安全性…プラットホームの統一化をしたとはいえ、課題は山積なはずですね。でも、スバルにはしっかりとした歴史、原点がありますから壁にぶち当たったら原点に立ち返って欲しいですね。
    私はあまり他所様の事をとやかく言わないのですが、T車の新型、某ハイブリッド車…あのデザインで若い人を取り込めるんですかねぇ。正直、どの角度から見ても見るに堪えないデザインです。社長のモ◯ゾーさん、モータースポーツにも積極的で支持する人も多いようですが、私はあの人はセンスない人だと思ってます。あんな、人を不快にするデザインの車を世に出したんですから(笑)
    でも、そのデザインに拘ったおかげで好調なM社。実は昨年、私はそのM社の2シーターオープンカーの試乗をしたんです。正直言って、私は物足りなさを感じましたね。まず、エンジンが非力過ぎる。1トンを切る重量は素晴らしいですが、130馬力にも満たないエンジンではせっかくのライトウェイトが台無しです。それからペダル位置がダメでした。MT車を試乗したのですが、シャーシがAT車と共用のためか、足元のセンタートンネルが膨らみ過ぎて、3つのペダルが右寄りに設置されているんです。共用シャーシで右寄りなのは仕方ないのはわかりますが、それの苦肉の策でクラッチペダルの位置がハンドルセンターの真下の位置に設置されてました。これは運転しにくいですよ。極端に言うと足元だけ右を向いて運転してる感じなのです。私はこんな車が昨年の数々の賞を取ったのか?と疑問に思いましたね。このペダル位置の件、モータージャーナリストと呼ばれてる人の数々のインプレッションの中で誰一人指摘する人がいませんでした。
    私はSG5フォレスターのX20のMT車を借りて運転した事ありますが、このM社のオープンカーほどペダル位置に違和感が無かったです。普通に、すんなり運転出来ました。まぁ、10年以上も前の車と現行車を比べるのはナンセンスかもしれませんが、それにしたって酷いもんでした。楽しいんだろうな?って思ってワクワクしながら乗ってみたらガッカリしたんですから。唯一秀逸だと思ったのはオープントップの開閉が10秒かからないで開け閉め出来る事でした。これは素晴らしかった。あと、オープンでも風の巻き込みが殆どない。これも凄いと思いました。でも、エンジンが非力で運転操作がしにくいペダル位置。慣れればいいって思いがちですが、そもそもスバルならこんな作り方しないですよね。まぁ、元々冷やかしで行ったんですけどね(笑)
    スバルの社員の人がスバル車を強制的に乗らせるのは仕方ない事だと思います。自社製品ですしね、でも時々はレンタカーで他社の車を借りて乗って欲しいですね。いい所も悪い所もいっぱい見えてきます。

    ek32k111さん、車好きの方の目の付け所は似てますね。
    モータージャーナリストが何故気付かない(ふりをしてる?)のか・・・
    車を長い間造ってきたメーカーが何故理解できない(これもふりか?)のか・・・
    政治家と国民の意見のズレみたい・・・不思議な話ばかりですね。
    結局、求められる車ではなくて、売りたい車を造るんでしょうか。

    T社の新型ハイブリッド車の内装もあり得ないですね。白を基調とした眩いばかりのモノがあります。
    最近、SUBARUも明るい基調のお洒落内装がありますが、運転するのに邪魔です。
    デザインに統一感がなく、スイッチ類の質も悪く煩雑で無理に付けた感があります。
    コスト的に厳しいなら付加価値なんかいりません、本末転倒になりかねませんね。

    M社のCMで人馬一体などと言ってますが、SUBARUはズゥ~と前からそうです。
    ペダルもステアリングもシートも視界も・・・だから、水平対向エンジンにAWDなんです。
    BRZの皆さんには申し訳ないですが、今さらFRなんて不自然です。
    もちろん、SUBARUが造った可能性の一つの答えではありイイ車です。

    マークⅩのパンフレットに若い人が乗ると大人に、年を重ねた人が乗ると若く見える車・・・みたいなコピーがありました。これもB4がそう言われる車でした。コンセプトを変えず車格も上げないで本質を磨いた成果です。

    SUBARUはまだ子会社ではないのに棲み分けをさせられて、小さい市場でシェアを取ることで満足してる場合ではないと思います。
    生産能力からみれば妥当な選択なのかもしれませんが、本質を見失っているかのように見えるのは僕だけでしょうか?

    本気でオールジャパンで世界と勝負するならT社と対等の立場で車造りをして欲しいです。
    もちろん、D社とも共同開発でスイフトに負けない小型車を造れるでしょう。
    NOKさんの言うようにSUBARUらしさを感じられる軽も欲しいです。
    SUBARUとしてのアイデンティティを保てないのなら、VWとの提携を白紙にしたS社のような気概を見たい。

    ・・・と、SUBARUには貢献の少ない末端の一ユーザーの戯言に過ぎませんが、
      再びSUBARUが翼を持つ日を夢見ています。

    5
    twinkle 事務局への相談

  15. 2016/05/16 13:39
    ID : 1113

    Kintakunteさん、全く仰せの通りですね。日本の自動車評論家の肩書きを持つ人は日本のメディアに属してるしてる訳で…そのメディアは企業から広告を貰い利益を得てるので、下手な事を書けない構図になってるのが問題ですね。
    ところで、アメリカのコンシューマー・レポート をご存知でしょうか?
    これはアメリカ国内向けの消費者専門誌で、アメリカ国内で販売されるあらゆる商品を評価して掲載する雑誌なんですが、企業からの広告は一切受けず独自で購入した製品を公平に評価し、それを掲載してるんです。車やバイクはもちろん食品、家電製品、医薬品、生活雑貨…ありとあらゆるモノです。企業からの広告は一切受けないのでその評価は良いモノは良い、悪いモノは悪いとはっきり書くそうです。中には買うな!まで書くそうですが、そのコンシューマー・レポートの中で、2016年のアメリカ国内で販売される自動車メーカー別ランキングでスバルは日本車最高位の2位にランキングされました。ちなみに1位はAudi、3位はレクサスです。6位にマツダ、8位トヨタ、10位にホンダでした。
    このコンシューマー・レポート、車も独自で年間80台の新車を購入して自社テストコースであらゆるテストを行うそうです。また、故障した時のDラーの対応や、衝突試験まで正確にやるそうです。
    もちろん、購入に至らずにテスト出来ない車の評価はアメリカ国内にいる数百万人の会員にアンケートを出して貰い、その車の満足度を調べるそうです。
    スバルが北米で好調なのはこのコンシューマー・レポートの正当で公平な評価があるからこそだと思います。最近じゃ、日本でも車の安全意識が高まり、それに伴いアイサイトの認知度も高まって国内の新車の在庫不足に陥ってるようですが、日本人も少しずつスバルの良さがわかってきてるんじゃないかな、と思います。
    その反面、某巨大掲示板などを見ますとスバリストと言うと中傷的な隠語で揶揄されたりしてますが、それは無視するとしてよく書かれてるのが「内装がチープ」のような事を見かけます。ですが、実際、どうでしょう?私は満足してますがねぇ。同じ車格の他車と比較しても、私のBP5はシートはファブリックですが、ホールド性の高いシートでどんなに長く運転しても疲れないしステアリングやシフトノブに至っては普通だし。確かにダッシュボードやインパネ、ドアパネルはプラ(合成樹脂)ですが、これを本革張りやウッドにしろと?私には無駄ですね。そんなとこに金かけるならタイヤやオイルに金かけます。そもそもダッシュボードや内張に本革張り、ウッドパネルなんて国産車はごく僅かじゃないんでしょうかね?例えばレヴォーグと同じ車格の他車であるんでしょうか?そこが疑問です。まぁ、揶揄する人は無視してもいいんですが、私はスバルに対しては今の内装の路線でいいと思います。内装の質感を高めるのはいいですが、お金をかけてまで無駄を取り入れて欲しくないですね。せめてやるならメーカーオプションで。
    それと、国内でも北米でも着実に販売を伸ばしてるんですから、そろそろWRC復帰してみてはどうでしょうかね?それに併せて国内に自社サーキットを持つとかどうでしょう?H社の鈴鹿やもてぎ、T社の富士、M社は国内には無いですが、あのコークスクリューで有名なラグナセカですよ?ネーミングライツでもいいので、菅生あたりを是非スバルのホームコースにして欲しいです。破綻した仙台ハイランドを買い取るとかどうでしょう?あそこはドラッグレースのコースもありますし(笑)とにかく、かつてWRCの黄金時代のように再びスバルがモータリゼーションに本気を出すところを見せて欲しいです。
    それからいつかT社と手が来れて、再びスバルの軽がスバルによって生産される日を私も待ち望んでます。

    3
    twinkle 事務局への相談

  16. 2016/05/16 22:40
    ID : 1116

    Kintakunteさん、ek32k111さん

    どうもです。
    少し前に私は『日本は自動車文化が無い』に近い由を書きましたが、お二人の内容がまさにその理由なんじゃないかと思っています。

    コンシューマーレポートもそうですが、もっと極端な例えとしてイギリスのトップ・ギアと言う番組。
    商品をゴミだクズだと平気で貶したり、ゴミは捨てとけと言ってスクラップにしてしまったり...

    日本はどうでしょう...
    例えばT社の車がつまらない、スバルは内装がチープ、今でこそネット上では名もなき『評論家もどき』がこき下ろしますが、肝心のそれで飯を食ってる方々は臭いモノには蓋。メディアもスポンサーの体裁がありますから悪口は言わない。
    結果○菱さんの様に不祥事でも起こさない限り悪い話とは無縁です。

    そもそも日本のメディア自体が未成熟なのか、パトロンとしての自動車メーカーと評する立場の間で『それはそれ、これはこれ』と言うペンの正義のようなものが感じられない。その環境では文化の形成は無理だと思っています。そこにはその文化の中で過ごす人、ユーザーが存在しませんから本音を吸い上げる人がいない。

    スバルの内装がチープ、とか燃費が悪いとかを例にとれば私はその評価自体は案外正しいのかも、と思っています。中の人の意見でも聞いたことあるぐらいですからきっとそうなんでしょう。
    では自分はどう評価するか?となれば車は応接間じゃないんだから高級である必要ない、高級『感』なんてさらに必要ない。運転中見るべきものをきちんと見えるならインパネなんて貧相でさえ無ければ後はどうでも良い。
    他社に比べて燃費もどうしても劣る、冷静に考えりゃショートストロークのボクサーエンジン、当たりまえです。むしろハンデの中で頑張ってるし、余裕で目を瞑れる範囲、ならそれで良い。私はボクサーの長所、高回転の気持ち良さを選ぶ。

    では評論家さんは、と言うと内装がチープ、まずこの語句を見たことが無い。
    FBエンジンがEJより燃費やトルクの出が良くなったとは書いてもその分失った500~1,000回転には触れない。
    どんな素晴らしい車だって必ず欠点はあります。長所と短所、それを天秤にかけて我々は車選びをする。でも悪い情報が無いと表面でしか判断はできない。
    例えば長距離での疲れの度合い。私の経験則では長時間運転の向き、不向きで言えばセダン・ハッチ>>SUV>>>ミニバン、相棒で大阪→福岡間を一人で運転してもケロッとしてますが、知人のミニバンなら兵庫県内で軽く疲れを感じ始めますね...一方で世の大半の人の認識はこの真逆じゃないかなと思います。『長時間、車内が広く開放的な方が良いはずだ』と言う塩梅で。
    しかし車選びの際市場ったって街中半時間転がす程度なんですから、本当の良し悪しが解ってくる長時間を経験できない。しかもそれに対する悪い評価は必ず封印されている。結果長時間乗った際のネガがネガである事、その車がそういう車だという事すら知る事無く過ごし、『長時間は疲れるものだ』となるし、『長時間、車内が広い方が良いはずだ』『セダンはもっときつい筈だ』なんて事にもなる。
    それでは『車好き』の人種以外は成長しないですし、それでは文化にはなれませんから。

    求められる車ではなくて、売りたい車を造る、kintakunteさんは仰いましたが私は正直逆だと思っています。
    文化が無いから技術者たちの提案が人の心に届かなくなってしまってると思ってます。
    おそらく彼らだって本当はこんな車を作りたい、売りたい、があると思います。
    だけど自動車文化が無いから特殊マーケット(つまりスポーツカー)を除けば解りやすい車でないと買ってもらえないとなり、やりたい車を作れなくなってしまっているのが現状じゃないかな、と。

    例えばですが2年ほど前、ニュージーランドに行ったのですがレンタカーがトヨタのオーリスでした。(現地名カローラ)
    これ、すごく面白い車だったんです。(あくまでCセグハッチとしてですよ)
    足も4輪独立の固めで路面をきちっと伝えてくれる。エンジンの吹けも良い。ステアリングやブレーキ操作も良好。正直私の相棒、GHのFF版といい勝負だとまで思いましたし、T社のイメージ(つまらない、基本がダメ)まで危うく変わってしまいそうでした。
    でも、日本じゃさっぱり見ない… おそらく売れ行きもインプやMのアクセラ以下でしょう。
    スバルと違い営業力ピカイチのT社でこれですもん。2番手3番手のメーカーはラインアップにまで影響して惨状としか言い様が無い。
    スバルやM社はむしろ規模の小ささのおかげでニッチのウルサイ人をハッピーにするやり方でやって行けるってのがマーケットの現状じゃないですかね。

    2
    twinkle 事務局への相談

  17. 2016/05/17 13:45
    ID : 1119

    [削除済み]

    05/17

    初めて投稿します。投稿の場が違っていたらごめんなさい!
    過日、高速道路を走行中に左前方を走行する土木工事のトラックの荷台から、ゴム長靴が飛来し当方(XV)の右バンパー下を直撃。そのまま車体下を通過して後方へ飛んでいきました。当方のバンパーには長靴の底の波状の模様がキズとなっていましたが
    その程度で済みました。瞬間のことだったので、長靴を落としたトラックも行方不明となり泣き寝入りです。
    これを機にドライブレコーダーを装着しようと思ったのですが、アイサイトのステレオカメラがあるので、アイサイトの画像を録画してドライブレコーダーとして利用できるようなオプションがないかディーラに聞きましたが、残念ながら無い、とのこと。素人ながら、アイサイトをベースとした立派なシステムと高性能なカメラを搭載しているのだから、技術的にはそんなに難しいことではないように思います。昨日を最小限に絞り、アイサイト画像の録画(保存)と再生だけでも提供してくれたらいいのにと思います。現在はナビと連動できる分離型のドラレコを検討中です。

    1
    twinkle 事務局への相談

  18. 2016/05/17 18:19
    ID : 1120

    NOKさん、私はTopGearは大好きで、よく見ていましたよ。確かにハチャメチャな企画が多々見られますが、車に対するインプレッションは歯に布を着せぬ言い方で、ジョークを交えた例えなんかも面白く見てました。もう、あの三人は解任されましたが、あの三人のスバルに対する評価は悪くは無かったと思います。車の扱いは酷いものでしたが(笑)
    その一方で日本の車番組、某車雑誌のタイトルが付いたあの番組を見ますと、ハチャメチャはさすがに無いものの(当たり前ですが・笑)、インプレッションは酷いですねぇ。凄くファジー。曖昧。例え方もいいのか悪いのかよくわからない話をしながら箱根ターンパイクを走ってる。結局は「僕は好きですね〜」などの終わり方をする。良くないモノを微妙にヨイショしてるのか、それとも本当に良いのか。その真意、腹の内が見えてこない。これじゃぁ、見る価値ないなと思いましたよ。そんなメディアもネット上のあらぬ濡れ衣を着せる会話も無視して、結局は自分の中の感性を信じるのが一番ですね。
    内装に関してはメーカーオプション、ディーラーオプションで対応すればいいですし、事実、現行モデルではハーフレザーのシートを選べたりしますからね。私は普通のファブリックで十分です。むしろ、電動パワーシートなんて調節がまどろっこしいシートはいらないです。シートなんて一度調節して合わせたらそれっきりいじる必要ないですし、背もたれを倒して寝たい時にバタン!って倒した方が早い(笑)しかも重量もかさみますからね。パネル類に関しては私もNOKさんと同じ意見です。よく、車内を「居住空間」って言いますが、それがそもそもの間違いです。多くの日本人は車の車内を家の中や部屋と勘違いしてる。未だに車を土禁にしてる人もたまに見かけます。日本に初めて鉄道が通った時に、列車に乗る時にみんな靴を脱いで乗ったそうですが、それと一緒ですよね。靴を脱ぐ文化を否定してるんじゃなくて、TPOに順応出来ない、わからない人が内装云々と言うのだと思います。確かに高級感、美観質感を高めるのは良いと思いますが、それに伴う販売価格の上昇は歓迎できないですね。やはりオプションで、というのが理想でしょう。
    NOKさんがニュージーランドで乗ったオーリス、輸出用モデルでしょうかね。もしそうなら国内向けモデルとスペックが違うかもしれませんね。そこで思ったんですが、何故日本国内向けモデルと輸出用モデルにスペック差があるんでしょうかね?よく言われそうな意見として、日本は狭い島国だから大排気量ハイパワーの車は必要ないし売れないから⁇果たしてそうでしょうか?これだけ全国に高速網が発達しているのに、活かしきれないと言うのもおかしな話です。また、日本の税制が他国とは違うから…なんて理由もどうなんでしょう?M社のオープン2シーターは国内向けが1.5リッター、輸出用モデルが2リッターって聞いてますが、差はないと思うんですよね。まぁ、2リッターと2.5リッターなら5000円差はありますが…
    また、もう1つの理由に"大排気量ハイパワーだと危ないから"なんて理由も聞こえてきそうですが、危ない車を輸出するの?って話になります。日本人には危なくて外国人には危なくない、もう訳が分かりませんね(笑)そもそも国産車が280馬力の自主規制をしていた時代に、そのパワーを超える輸入車がどんどん日本に入ってきたじゃないですか。危ないんならそんな車は輸入出来ないはずです。
    そうやっていつの間にか日本人が自らを差別化してる感じがします。求められる車を作るのか、売りたい車を作るのか…そういう差別化にも何かヒントがありそうですね。私はどちらもあるような気がします。

    1
    twinkle 事務局への相談

  19. 2016/05/17 19:08
    ID : 1121

    @momos_papa 初めて投稿します。投稿の場が違っていたらごめんなさい!
    過日、高速道路を走行中に左前方を走行する土木工事のトラックの荷台から、ゴム長靴が飛来し当方(XV)の右バンパー下を直撃。そのまま車体下を通過して後方へ飛んでいきました。当方のバンパーには長靴の底の波状の模様がキズとなっていましたが
    その程度で済みました。瞬間のことだったので、長靴を落としたトラックも行方不明となり泣き寝入りです。
    これを機にドライブレコーダーを装着しようと思ったのですが、アイサイトのステレオカメラがあるので、アイサイトの画像を録画してドライブレコーダーとして利用できるようなオプションがないかディーラに聞きましたが、残念ながら無い、とのこと。素人ながら、アイサイトをベースとした立派なシステムと高性能なカメラを搭載しているのだから、技術的にはそんなに難しいことではないように思います。昨日を最小限に絞り、アイサイト画像の録画(保存)と再生だけでも提供してくれたらいいのにと思います。現在はナビと連動できる分離型のドラレコを検討中です。

    momos_papaさん、初めまして。
    アイサイトとドラレコの併用は私も賛成です。せっかくルームミラーの両側にカメラが付いてるのにドラレコとしての機能は持たず、新たにその横(またはフロントガラス近辺)にドラレコを設置する…見栄えが悪いですよね。全然スマートじゃない。それに少しでも視界を遮りたくないのに。でも、それが現行ですので仕方ないですよね。次のアイサイトのバージョンUPに期待しましょう。

    1
    twinkle 事務局への相談

  20. 2016/05/17 23:03
    ID : 1122

    >ek32k111 さん
    国内と海外でスペックが違うのは確かによくある話ですよね。
    あの車がどうか判断しかねますが、まぁ国内現行モデル調べてみた所リアはDWBのグレードもあるのでまぁ足回りに関してはこの車に関してはケチってるとも言い切れませんが、同じポテンシャルがある車ならあれが売れない、買ってもらえないのは残念としか思えない…。
    スペック違い、スバルにも言える話ですけどね。アメリカのWRXに2.5Lがあったり、イギリスやNZじゃXVにもMT仕様があるんですから。

    税制の都合もあるのでしょうかね。一応1.5と2Lでも5,000円変わりますし。
    ただ、あのオープンカー買う人がたかが5,000円気にするか?と思いますね。
    それに、昨今の燃費至上の目線で言っても1.5L対2Lの500cc位の差であれば大きい方が下からしっかりトルクが出る分むしろ燃費が良くなっても不思議じゃない… シャシダイの上ではそうは行かんでしょうけど。いずれにせよ、燃費悪い車はきちんとガソリンで余計に税金払うんですから車そのものから取られるのは矛盾としか…
    ほんとTPPでアメリカさんに頑張ってもらって日本の訳分からん自動車関係の税金や法律を是正して頂きたいもんです。むしろ以前と違いメーカーだってちっぽけな日本市場だけ同じ車を別規格で開発する手間も省けるってもんです。

    シートに関しては私もファブリック推しですね。相棒は初期設定からしてアルカンターラだったのですが…
    まだアルカンターラはまだ良いです。所謂革張りシート。アレ最悪ですよ。スバルのそれに乗った事は無いので一般的解釈が前提ですが、夏は蒸れるし冬はシートヒーターでも付いて無けりゃ冷たいし。
    で、ヒーター付けりゃ重量UP!!!!
    もっと言えばポジション安定しません!!! 長距離疲れます。本革ならそれこそメンテもしないと。
    はっきり言って見栄以外のメリットが無いです。例え高級車であっても私は皮より昔ながらのモケット推奨ですね。だいたい考えて見りゃ、空の世界じゃむしろ逆で、コストをケチりたい航空会社が使うものですよ、革シートなんて。(清掃作業が短縮できる)

    電動パワーシート、相棒についてます。ぶっちゃけ取れるものなら取りたいです。理由は仰る通り。
    ついでに言えば人にハンドル渡したりした後、再調整が必要なケースが超まどろっこしい。

    3
    twinkle 事務局への相談

  21. 2016/05/18 01:04
    ID : 1124

    @momos_papa 初めて投稿します。投稿の場が違っていたらごめんなさい!
    過日、高速道路を走行中に左前方を走行する土木工事のトラックの荷台から、ゴム長靴が飛来し当方(XV)の右バンパー下を直撃。そのまま車体下を通過して後方へ飛んでいきました。当方のバンパーには長靴の底の波状の模様がキズとなっていましたが
    その程度で済みました。瞬間のことだったので、長靴を落としたトラックも行方不明となり泣き寝入りです。
    これを機にドライブレコーダーを装着しようと思ったのですが、アイサイトのステレオカメラがあるので、アイサイトの画像を録画してドライブレコーダーとして利用できるようなオプションがないかディーラに聞きましたが、残念ながら無い、とのこと。素人ながら、アイサイトをベースとした立派なシステムと高性能なカメラを搭載しているのだから、技術的にはそんなに難しいことではないように思います。昨日を最小限に絞り、アイサイト画像の録画(保存)と再生だけでも提供してくれたらいいのにと思います。現在はナビと連動できる分離型のドラレコを検討中です。

    momos papaさん、アイサイトにドラレコ・・・僕も担当の営業さんに提案しました。
    素人考えでは簡単そうに思えるんですがね。
    前にも書きましたが、カメラをフロントガラスの両端にしたらスッキリすると思うんですが。
    学習機能でドライバーの癖や道路状況にあわせてアイドリングストップしてくれるとか、情報の共有化で事故の起きやすい場所を教えてくれるとか・・・自動運転は反対ですが安全を高める機能はこれからますます必要とされるでしょう。

    3
    twinkle 事務局への相談

  22. Newer ›
 

または 登録して返信...

#スバコミ掲示板

誰でも気軽にご参加ください。

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP