BREEZE ブログ on #スバコミ
BREEZE オフィシャルtwitterBREEZE オフィシャルfacebookページ

【公式】スバル1000

    2016/09/14 11:28
    ID : 2666
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    スバル1000.jpg
     

    国産初の量産型FF乗用車 スバル1000

    1966年5月14日、「水平対向エンジン縦置き前輪駆動方式」という、現代のスバルの基本駆動方式のルーツを持つ「スバル1000」が誕生しました。

    当時、前輪駆動方式は優れた操縦性と走行安定性を持つことで、技術者の間では注目されていた技術でした。しかしながら、当時の前輪駆動方式はステアリングが重くなることや振動が伝わりやすいこと、また直列エンジン横置き方式では左右のバランスが悪く転倒しやすいという問題も有していました。それらの技術上の諸問題がなかなか解決できず、それまで日本において実用化に成功したメーカーはなかったのです。

    他社が後輪駆動方式を選択する中、スバルはあえて困難なテーマに挑戦しました。そして前輪駆動の課題を克服するための様々な技術を独自開発するとともに、 航空機の世界では定評のあった水平対向エンジンを選択。これを縦置きにすることで、スバル独自の理想的な左右対称前輪駆動方式を完成させたのです。

    「スバル1000」の開発を通して技術者が一貫としてもとめてきたもの、それはやがて訪れるであろう高速化時代に対応し、「走りの良さ」と何よりも「積極安全」に優れた、乗用車のあるべき姿でした。そこには、やはりスバルのルーツが航空機づくりにあるという背景があります。航空機づくりには、いかなる飛行条件下においてもパイロットの負担を最小にとどめ、飛行機自体に姿勢を安定させることを重視する思想があります。

    これが航空機における積極安全=アクティブセイフティ思想です。スバルの技術陣は水平対向エンジンに代表される個々の技術のみならず、こうした基本思想を航空機づくりの経験から学びとり、現在まで脈々と受け継いでいるのです。

    subaru1000_01.jpg

    subaru1000_02.JPG

    SPEC(昭和41年5月発売当時 スーパーデラックス)

    全長 :3930mm
    全幅:1480mm
    全高:1390mm
    重量:695kg
    エンジン型式: EA52型水平対向4気筒水冷4サイクル
    排気量:977cc
    最高出力 :55ps/6000rpm
    最大トルク:7.8kgm/3200rpm
    懸架装置 フロント:ウイッシュボーン式独立懸架
    リア:トレーリングアーム式独立懸架

    メカニズム

    スバル1000 透視図

    コンパクトで低重心の水平対向エンジン、インボードタイプのフロントブレーキ、デュアルラジエター方式、4輪独立懸架サスペンションなど、当時としては画期的なメカニズムを満載して、スバル1000は登場しました。

    4.jpg


  1. 2016/09/14 11:38
    ID : 2668
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    フロントエンジン・フロントドライブ

    駆動方式は、当時の国産車としては画期的なフロント・エンジン/フロント・ドライブのFF方式を採用していました。それまで、純粋な国産車で、FF方式を採用した乗用車は一台もなく、海外でもシトロエンやルノー、サーブなどの限られたメーカーのみが生産していました。

    スバルのFF方式は、全長の短い水平対向エンジンを縦置きにフロントのオーバーハングに搭載し、その後方にギアボックスとデフを置くという、スペース効率の良いレイアウトをデザインしました。これにより、スバル1000は、そのボディサイズから考えれば驚くほど広い居住空間や、低重心な水平対向エンジンをフロントに搭載していることから、雪道などのトラクションに優れていました。

    5.jpg
     
     

    水平対向エンジン

    水平対向エンジンの特徴は、小型軽量であることと、スロットル・レスポンスの良さにあります。言い換えれば、極めてスポーティな特性を持っていると言えます。また、シリンダーの中を往復するピストンの動きが左右対称となるために、動的なバランスが取りやすく、従って振動が少なくなる利点があります。振動を抑えることは、乗り心地が良くなるばかりではなく、エンジンの耐久性も向上することになります。

    レガシィやインプレッサが実用的なセダンでありながら、ステアリングが軽くシャープであり、スロットル・レスポンスが良く、加速性能にすぐれているなど、 その走りが極めてスポーティなものとなっているのは、水平対向エンジンを持っているからだと言っても過言ではありません。
     

    6.jpg
     

    1965年秋に開かれた第12回東京モーターショーで富士重工は、スバル1000を発表しました。空力学的なスタイルのボディを持つ4ドアセダンで、本格的な前輪駆動システムと国産乗用車としては、はじめての水冷水平対向エンジンが組み合わされ、今日のレガシィやインプレッサ、フォレスターに至る水平対向エンジン史の始まりでした。
     

    7.jpg


  2. 2016/09/14 11:44
    ID : 2669
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    制動・懸架装置

     
    懸架装置は、フロントにダブルウィッシュボーンとトーションバー・スプリングを組み合わせた一般的なものでしたが、ステアリング操作をクセがなく自然に行えるように、センターピボットシステム採用していました。そのため、ブレーキは、ドライブシャフトのデフ側に置く、インボード・ブレーキ方式という凝ったメカニズムでした。
     
    8.jpg
     
     
    インボード・ブレーキの特徴

    センターピボット・ステアリング方式の採用によって、タイヤの接地面の抵抗を最小限に止め、操舵反力が軽減された。
    同時にハンドルの操舵角度も大きくとることができた。

    バネ下重量が軽減されて、タイヤの接地性がよくなり、加速、乗り心地、走行安定性が良くなった。
    ブレーキがホイールから離れているので、泥や水が入りにくい。

     
    9.jpg
    センターピボット方式と一般的な操舵方式の比較図
     
     

    スバル1000 透視図


     
    デュアルラジェータ方式のスバル1000には、一般的に採用されている、冷却ファンがありませんでした。
    その構造は上図のように、メインとサブの2つのラジェーターと、リザーバータンク、サブラジェーター用の小型電動ファンから成り立っている密封加圧式の冷却システムで、状態に応じて3段階の効率的な冷却を行うことができました。
    また、この方式が国産車に採用されたのはスバル1000が最初でした。
     
    10.jpg


  3. 2016/09/14 11:53
    ID : 2670
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    季節の写真集

     
    11.jpg

     
    ここでは、スバル1000の美しい走行写真を集めた小冊子(非売品)の再録をご紹介します。登場するモデルの服装やポーズ、写真に合わせてつけられたコピーなどからスバル1000が登場した当時の時代の雰囲気を感じることができます。

    -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

    若者は今年も海に向って走った
    ある夏の日の色鮮やかな想いでを追って・・・

    12.jpg
     
     

    その夏、若者は孤独だった
    彼の真っ赤な愛車は、砂利道を蹴り、カーブを抜け
    急坂を駈け、悪路を乗り越えて、優美にしかも豪快に走った
    だが、輝く太陽の下で若者は孤独だった
     
     
     
    13.jpg
     
     
     
    若者はひとりぽっちで走った
    夜が明けるから日の暮れまで
    カンカン照りにも豪雨の日にも
    海辺の道をひたすら走った
     
     
    14.jpg


  4. 2016/09/14 11:58
    ID : 2672

    時のうつろい、天候の変化に
    したがって変わる海の表情も
    若者にとっては単調な灰色
    走ることがたった一つの
    孤独をまぎらわすすべだった
     
     
    15.jpg 
     
     
    そんなある日
    砂浜に沿ったハイウェイで
    若者は一人の娘と出会った
     
     
    16.jpg
     
     
    娘は白いくるまに乗っていた
    二人は海辺でよく顔を合わせ
    一緒に走るようになった
     
     
     
    17.jpg
     
     
    18.JPG


  5. 2016/09/14 12:01
    ID : 2674

    若者の瞳に明るい輝きが甦えり、彼は 
    もう孤独ではなかった。森の緑、空の
    青、海の紺碧、太陽の紅を讃え、路傍 
    の石ころや牛たちに話しかけ、しばしば人生の素晴らしさについて語った。
     

     

    19.jpg
     
     

    二人は毎朝早く浜辺で逢って、日が沈むころさよならを言った。
     

    漁村の主婦「似合いのふたりでねぇか」
    若者「君を愛しているよ」
    子供A「かっこいいな、赤いくるま」
    子供B「おらは白い方が良いな」
    娘「愛してるワ、でも約束はできないの」
    土地の老人「若い者の火遊びじゃろう」
    カーラジオ♪誰でも何時かはこんなことをするの・・・
     
    誰でも若くてキレイな時にはね・・・
    若者「来年、またここの浜辺で」
    娘「・・・」
     
    若者はその夏こうして恋というものを知った


  6. 2016/09/14 12:07
    ID : 2675
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    運転操作と各部機構

     

    運転席廻り

     
    ここでは、スバル1000の運転操作関係の各部機構の取扱方法を通して、使いやすく合理的なデザインをふりかえってみましょう。
    スバル1000の運転席まわりは、より安全に運転を楽しめるように、各部の機構が機能的にレイアウトされていました。
     
    20.gif
      

     

    コンビネーションメータ

     
    フューエルメータは、スタータスイッチをONの位 置にすると作動しました。

    スピードメータは、km/h表示。

    サーモメータは、エンジンの冷却水の温度を示します。このメータが走行中105度を示したら注意。

    チャージパイロットランプは、運転中、発電関係に異常がある時に点灯しました。

    パスビームパイロットランプは、ヘッドランプが点灯している時に点灯しました。

    ターンシグナルパイロットランプは、右左折時に点灯する方向指示灯です。

    オイルパイロットランプは、エンジン回転時に、潤滑油の圧力が0.3kg/cm以下の時に点灯し警告しました。イグニッションスタータスイッチをONにすると点灯し、エンジンを始動させると消えます。
     

    21.gif
     
     
     

    コントロールパネル

     
    チョークボタンは、引き出し式で厳寒時など、始動困難な時に使用します。

    ライティングスイッチは、一段目がパーキング、テール、ライセンスランプ。パーキングとヘッドランプは、ハンドル右のデイマスイッチによって切換が可能。二段目は、ヘッド、テール、ライセンスランプが点灯。

    ワイパースイッチは、二段式で、雨量 に応じて速度コントロールが可能。一段目は低速、二段目が高速です。また、スーパーデラックス車では、スクリーンウォッシャスイッチと兼用になっていました。

    シガーライターは、スーパーデラックス車に装着されていました。

    ベンチレータノブは、ツマミを上げると閉まり、下げると開きました。任意の位 置で風量の調節が可能です。また、雨の日でも、窓を閉めたままでベンチレーションができるようになっていました。
     

    22.gif
     
     

    ウインカー

    ターンシグナルとデイマスイッチは、手動式で兼用となっていました。上げると左折、下げると右折で、前後のターンシグナルランプが点灯しました。ターンシグナルは自動戻り式。デイマスイッチは、レバー先端のノブを前後方向に操作しました。
     
    23.gif


  7. 2016/09/14 12:12
    ID : 2676

    ヒーター

    三方開きのシャッタは、各シャッタを開閉することにより、暖気量 を配分することができます。なお、フロントガラスの曇り止めとして使用するときはシャッタを閉めて使用します。

    24.gif
     
    ヒータスイッチは、イグニッションスイッチの下にあります。引き出すと、ヒータ内のシャッタが開き、暖気が室内に導入されます。さらに、レバーを右に廻すとブロアモータが回転します。回転は二段式で一段目が低速、二段目が高速です。
     
     
    25.gif
     
     

    ギヤシフトレバー

     
     
    ギヤシフトレバーは、フルシンクロ前進4段、後進1段です。後に、フロアシフトモデルが発表されました。
     
     

    ハンドブレーキ

     
    ハンドブレーキレバーを、一杯に引くと前2輪にブレーキがかかります。
     
    26.gif
     
     

    ドア廻り

    四つのドアの施錠は、ドアを閉めてからセフティノブを押し下げます。解錠は、まずセフティノブを引き上げ、インナーリモートレバー(ドアハンドル)を引き、ドアを開きます。なを、前ドアは、ドアを開いたままノブを押し下げ、ドアを閉めてもノブは、跳ね上がり施錠されません。これは、室内にキーを忘れた場合を考慮してのことです。後ドアは、ドアを開けたままで、セフティノブを押し下げ閉めても施錠されました。
     
    27.gif


  8. 2016/09/14 12:24
    ID : 2677

    室内

    サンバイザーは、デラックス及びスーパーデラックス車は2バイザー、スタンダード車は運転席側のみとなっていました。いづれもサイドバイザー兼用です。

    後席にはアシストグリップが装着されていました。これはコートハンガーとしても使用することができます。
    スーパーデラックス車のルームランプは、点灯、消灯スイッチの他に、フロントドアが開いている際に点灯するドアスイッチが装着されていました。
    28.jpg
     

    シート廻り

     
    スタンダード車及びデラックス車は、ベンチタイプ。スーパーデラックス車は、セパレートタイプです。いづれもフロントシートは、好み位 置に合わせて運転できるように、前後5段階にスライドさせることができます。スライドの調節はアジャスタレバーで行います。
    また、スーパーデラックス車は、フルリクライニング方式を採用しています。リクライニングは4段階に背当て角度の調節が可能です。
    29.jpg
     

    エンジンフードの開閉

    フロント運転席側ラゲッジシェルフ奥にあるレリーズレバーを引くと、エンジンフードが浮び上がります。次にロックレバーを押し上げ、ロックをはずしつつフードを開きます。
    フードを閉めるときは、ストッパーのボタンを引き、はずしながら閉めます。
    30.gif
     
     

    工具及びジャッキ

    工具は、バッグに納められ、フロントラゲッジシェルフ内に、ジャッキは、エンジンルーム内に納められていました。
    工具は、マイナスドライバー、プライヤ、プラスドライバ、ハブナットレンチ、プラグレンチ、スパナ(4種)が搭載してありました。
     

    インスペクションランプ

    工具は、バッグに納められ、フロントラゲッジシェルフ内に、ジャッキは、エンジンルーム内に納められていました。
    工具は、マイナスドライバー、プライヤ、プラスドライバ、ハブナットレンチ、プラグレンチ、スパナ(4種)が搭載してありました。

    33.JPG


  9. 2016/09/14 14:23
    ID : 2679
    3年前に#スバコミ事務局によって編集されました

    ★バリエーション★

    スバル1000 4ドアセダン


    エクステリア
    スバル1000<4ドア・セダン>は、どんな場所においてもエレガントな落着きを感じさせる風格と個性をそなえた、本格的な4ドアセダンです。 当時の1000cc乗用車に求められる全ての条件を贅沢に満たした、理想的な高級ファミリーカーでした。
    35.jpg
     
    SPEC(スーパーデラックス)

    全長:3930mm
    全幅 :1480mm
    全高 :1390mm
    重量 :695kg
    エンジン型式: EA52型水平対向4気筒水冷4サイクル
    排気量: 977cc
    圧縮比: 9.0
    最高出力: 55ps/6000rpm
    最大トルク:7.8kgm/3200rpm
    懸架装置 フロント:ウイッシュボーン式独立懸架
    リア:トレーリングアーム式独立懸架
     
     

    インテリア

    フラットな床面と<FF空間>
    40.jpg

    FF方式の採用により、プロペラシャフトの出っ張りがなく、床面はフラットで、前・後席とも、ゆとりのレッグスペースでした。
    また、ホイールベースが長いので、室内長が最大限に利用できるだけでなく、リヤシートにはタイヤハウスのふくらみもありません。
    41.jpg
     
     
     

    スバル1000 2ドアセダン


    エクステリア
    コンパクトにまとめられたヘッドライトまわり、美しい曲面 をえがくサイドビュー、そして流れるようなボディライン。
    走っているとき最も美しく、しかも、どんな場所においてもエレガントな落ちつきを感じさせる車。いつまでもフレッシュな魅力を失わずにアキのこない車。それがスバル1000<2ドア・セダン>です。

    42.jpg

    SPEC(スーパーデラックス)

    全長:3930mm
    全幅:1480mm
    全高:1390mm
    重量:685kg
    エンジン型式: EA52型水平対向4気筒水冷4サイクル
    排気量:977cc
    圧縮比:9.0
    最高出力:55ps/6000rpm
    最大トルク:7.8kgm/3200rpm
    懸架装置 フロント:ウイッシュボーン式独立懸架
    リア:トレーリングアーム式独立懸架
     
     
    インテリア
    スバル1000<2ドア・セダン>のドアは、左右の巾が1,053mmと、当時の国産同クラスの2ドア車では最大でした。
    また、床面もフラットなので、大人5人がゆったりくつろいだドライブが可能でした。


  10. 2016/09/14 14:37
    ID : 2680

    スバル1000 バン

    エクステリア

    スバル1000バンは、前席、後席はもちろんのこと、バンの使命である荷室も、低く、平らで、広く使い勝手の良いものでした。性能、居住性、荷室、その全てが当時の1500cc級のバンにひけをとることなく、1000cc級バンで4ドアなのは、スバル1000バンだけでした。

    44.jpg

     
     
    SPEC(スーパーデラックス)
    全長:3880mm
    全幅 :1480mm
    全高 :1415mm
    荷室長: 1445mm(2名乗車時)/830mm(5名乗車時)
    荷室幅: 1205mm(2名乗車時)/1200mm(5名乗車時)
    荷室高: 995mm(2名乗車時)/985mm(5名乗車時)
    ホイールベース: 2420mm
    重量: 740kg
    エンジン型式: EA52型水平対向4気筒水冷4サイクル
    排気量: 977cc
    圧縮比: 9.0
    最高出力:55ps/6000rpm
    最大トルク: 7.8kgm/3200rpm
    懸架装置 フロント:ウイッシュボーン式独立懸架
    リア:トレーリングアーム式独立懸架
     

    スバル1000 スポーツセダン

     
    エクステリア
    シャープなハンドリング。抜群の追い越し加速。
    パワーアップされたフレキシブルなエンジンとフルシンクロ4段ミッションのコンビネーションが生み出す爽快さ。これがスバル1000<スポーツセダン>の特徴でした。

    34.jpg
     
     

    SPEC(昭和43年4月当時)

    全長 :3900mm
    全幅:1480mm
    全高:1375mm
    ホイールベース:2420mm
    重量:705kg
    エンジン型式:EA53型水平対向4気筒水冷4サイクル
    排気量: 977cc
    圧縮比: 10.0
    最高出力:67ps/6600rpm
    最大トルク:8.2kgm/4600rpm
    懸架装置 フロント:ウイッシュボーン式独立懸架
    リア:トレーリングアーム式独立懸架
                                                   以上


 

または 登録して返信...
掲示板が「グループトーク」として新しくなりました

グループトーク

誰でも気軽にご参加ください。

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
SUBARU IDのご紹介 IDひとつで、もっと広がるスバルライフ!
#スバコミサイト内検索
マイスバル