すばる星空倶楽部

星のお話

SUBARUの会社名の由来でもある「すばる(プレアデス星団)」をはじめ、夜空に輝く星々たちの物語を、それぞれの専門家がひもときます。

星空観賞方法

星空観賞についてガイダンスします。星空観賞のツールや星の見つけ方、天体望遠鏡の使い方などを、わかりやすく解説します。

星空Q&A

天文学的な知識や観賞方法などをテーマに、皆さんのご質問に対して星のソムリエ®の皆さんがお答えします。

星空に関する質問を星のソムリエ®にきいてみよう!

オリオン座は明るく、有名な星座のひとつです。左上にある赤く大きな星をベテルギウスといいます。ベテルギウスを日本語にすると「わきの下」です。狩人オリオンのわきの下にある星からそのように名づけられました。
ベテルギウスは非常に歳を取った星で、残された時間の少ない星です。地球からの距離は約642光年。もしかしたら、すでに大きな恒星の死ともいえる超新星爆発を起こしているかもしれません。わきの下が大爆発なので、天下無双の狩人もたまったものではありませんね。

北極星とは地球の回転軸(コマで言えば、真ん中の棒)の北側をまっすぐ伸ばしたところにある星を指します。現在の北極星はこぐま座のα星ですが、未来では別の星に移り変わっていきます。これは歳差運動(さいさうんどう)によるためです。歳差運動とは、回転している物体の回転軸が、円を描くように動くことです。たとえれば、止まる寸前のコマの回転軸が描く動きです。北極星は地球の回転軸の北側をまっすぐ伸ばしたところにある星なので、約1万200年後には、はくちょう座のデネブ、約1万2000年後はこと座のベガに移り変わります。ちなみに現在の北極星は西暦2100年頃にもっとも北極軸に近づきます。

イベント情報

全国の星空聖地で開催されるSUBARU星空ツアーを中心に、星空観賞イベントの開催告知と会場レポートが掲載されています。

季節の天体ショー

今の季節にあった注目の天体イベントや天体現象についての解説、星空に関する情報を掲載しています。

総合光学機器メーカーの株式会社 ビクセン 公式サイト
総合光学機器メーカーの株式会社 ビクセン 公式サイト
#スバコミサイト内検索
マイスバル