すばる星空倶楽部

SUBARUのある星景

SUBARUのある風景

たまには独り、星々と語り合うのもよい。
いま大人気のソロキャンプで、夜空を愉しむ!

コロナ禍でさまざまな経済活動が制限された今年、注目を浴びたアウトドア・アクティビティがありました。それが「ソロキャンプ」です。ソロキャンプは文字通りの1人キャンプなので、三密を避けやすく、しかもキャンプ場は47都道府県すべてにあるため、県境をまたがないミニマムツーリズムがしやすいことがブームとなった背景にあります。#スバコミメンバー皆さんのお住まいの近くで、安心安全の「星空を探す旅」を続けてきた「すばる星空倶楽部」としては、じつにピッタリのアクティビティなんです。

キャンプ場は星空観賞に適している。

今回、ソロキャンプを星空観賞に選んだ理由はもう一つあります。それはキャンプそのものが野外アクティビティなので夜空との親和性があり、しかも長く接する機会があるからです。星空を観賞しようと思った時間に雲が出ていても、数時間待てば雲が明ける場合があります。焚き火にあたりながら待つもよし。テントで仮眠するもよし。
それではソロキャンプで星空観賞といきましょう!

キャンプ場は星空観賞に適している


行くならやっぱり愛車が近くにあるオートキャンプ場

行くならやっぱり愛車が近くにあるオートキャンプ場。
空が開けている場所なら、なお良し!

キャンプ場にはさまざまなタイプがあります。すばる星空倶楽部としておすすめするのはやっぱりオートキャンプ場ですね。クルマが近くにあることは様々な環境の変化への対応もしやすく安心。ゆとりある安心した気持ちで星空を観賞ができます。
木々が多い林間サイトの林越しの星空もなかなか味がありますが、やはり広く夜空、星空を愉しむには空の開けたキャンプサイトのチョイスをお奨めします。

今回は山梨県山梨市のパインウッドオートキャンプ場にお伺いしました。丘の上から甲府盆地が見渡せる絶好の星空スポットです。
※パインウッドキャンプ場へはあくまでキャンプ宿泊を前提に事前予約して行きましょう。入口付近でクルマを入れ替えることができないため、見学などで訪れるのはくれぐれもお辞めください。

また撮影モデルには2019年に、コニカミノルタプラネタリウム天空(東京スカイツリー) の上映前CM「SUBARUフォレスター」に出演した俳優の野村啓介さんにご出演いただきました。


天体望遠鏡を積んでも荷室に余裕があります。

ソロキャンプだから道具は少なくコンパクト。
天体望遠鏡を積んでも荷室に余裕があります。

ソロキャンプのメリットはとにかく荷物が少なくて済むところ。天体望遠鏡をケースごと積んでもこれだけ余裕があります。荷物をたくさん乗せて行くファミリーでのキャンプと異なり、ソロキャンプなら少ない道具積載で、さらっと支度して星空に向き合う時間が増えるのがいいですね。

夜の帳(とばり)が降りて、街明かりと星空が現れました

夜の帳(とばり)が降りて
街明かりと星空が現れました

暖を取るため焚き火の火起こしを終えてじっくり星空待ち。
太陽が沈んで薄暮の美しい空が暗がってくるとまるで魔法のように街明かりが足元から輝きはじめます。
そして空を見上げると、一番星が輝き出しました。今回の撮影日は11月中旬。夜の帳を最初に飾ったのは火星でした。惑星とくれば天体望遠鏡の出番ですね。


焚き火の後半、薪から炭にスイッチすると炎の明るさが軽減されつつ暖かさが保てる、星空観賞がより楽しめるテクニックです。

望遠鏡を覗かずゲーム感覚で星を探せる!スマホアプリが天体観測をナビゲート

CELESTRON 天体望遠鏡 StarSense Explorer DX102AZ

今回ご紹介するStarSense Explorerシリーズは、専用アプリ「StarSense Explorer」をスマートフォンにダウンロードして装着することで、初心者でも手軽に惑星や星雲・星団までナビゲート。ゲーム感覚で星空観賞を楽しめます。

詳しくはこちら

CELESTRON 天体望遠鏡 StarSense Explorer DX102AZ


火星

火星は硬い岩盤を持った地球型惑星です。大きさは、半径が地球の約2分の1、質量は地球の約10分の1。火星の独特のオレンジ色は、実際に赤く燃えているわけではなく、地表に酸化鉄(赤さび)が大量に含まれているからです。
現在の大気圧は希薄で地球の約0.75%。私たち地球の生物が生存するには難しい環境ですが、かつて地球同様に生物の生存可能な大気条件だったとする説があったり、有人探査の可能性が模索されるなど、天文ロマンに満ちたお隣の惑星です。

雲が出てもキャンプなら気長に待てる。「待てば星路の日和あり」

雲が出てもキャンプなら気長に待てる。「待てば星路の日和あり」

晴天の日中でも数時間は雲が出る場合があります。それは夜空も同じ。お天気アプリなどで数時間後に雲が抜ける予報なら、温かいものでも飲みながら気長に待ちましょう。

雲が出てもキャンプなら気長に待てる。「待てば星路の日和あり」

スタンレーボトルとチタン製マグカップ

星空観賞にオススメのSUBARUグッズ。スタンレーボトルとチタン製マグカップ

SUBARU ONLINE SHOPではさまざまなSUBARUグッズを扱っています。
その中でも星空観賞にオススメなのがスタンレーボトルとチタン製マグカップです。自宅を出る前にスタンレーボトルへ熱々の紅茶などを入れて出かければ、時間を割かずに温まれます。またチタン製マグカップは軽くて丈夫。落として割れることもないため、アウトドア・アクティビティに向いてますね。


焚き火にあたりながらほっこり星待ちをしていると、ほら。

焚き火にあたりながら夜空をながめていたら、ほら。焚き火とコーヒーでぬくぬくの夜の時間を愉しんでいると、予報どおりに南西の空で雲が開けてきました。待ちに待った「すばる」(プレアデス星団)の登場です。


翌朝。朝食を食べて帰路へ。

翌朝。朝食を食べて帰路へ。

いかがでしたでしょうか。今回はいつもと趣向を替えて「ソロキャンプDE 星空」をテーマに、星空探しの旅を紹介しました。
家族や友人と愉しめる星空ドライブも素敵ですし、1人のドライブでじっくり星空と向き合う夜の機会を作ってみるのもよいものです。
次回もまた星空の下で会いましょう。



富士山周辺には、四季折々に愉しめるおススメのドライブスポットが豊富!

※撮影協力地のパインウッドオートキャンプ場は、敷地外に駐停車スペースがないため、スタンプラリーのスポット対象外としております。予めご了承ください。

山中湖
富士五湖の中で一番富士山に近い山中湖。富士山を目の前に望む絶好のロケーションから、一年を通じて多くの観光客が訪れます。

山中湖のスタンプラリースポットはこちら

富士スバルライン
山梨県の富士吉田ICからすぐの有料道路。スバルの旧社名である富士重工業の命名由来でもある富士山の美しさをドライブで堪能できます。

富士スバルラインのスタンプラリースポットはこちら

田貫湖ふれあい自然塾
豊かな自然が残り、ゆったりと楽しむことができる富士山のふもとの湖。田貫湖ふれあい自然塾は、様々な遊びと学びが体験できる施設として、毎年多くの方々が利用しています。

田貫湖ふれあい自然塾のスタンプラリースポットはこちら

富士スピードウェイ
SUPER GTが開催される事でもお馴染み、世界有数1.5kmのホームストレートをはじめ、高速コーナーから低速コーナーまで多彩にレイアウトされている、FIA(国際自動車連盟)の定めるサーキット規格である「グレード1」を取得しているレーシングコースです。

富士スピードウェイのスタンプラリースポットはこちら

SUBARUのある星景 一覧を見る

#スバコミサイト内検索
マイスバル