すばる星空倶楽部

SUBARUのある星景

SUBARUのある風景

本取材はコロナウイルス感染拡大予防対策を徹底した上で実施しました。星空観賞等で外出をされる場合は、国や各地方自治体の感染拡大予防ガイドラインをご参照ください。

稔りの秋を迎えた里山で、星空を探しに愛車を走らせよう!

全国的な緊急事態宣言や蔓延防止措置も解除されました。まだまだ油断はなりませんが、秋の行楽シーズンに向けて少しずつ人々の出足も戻ってきたようです。秋といえば「稔りの秋」。とくに日本のなつかしい風景が残る里山は、米をはじめとした作物が収穫の時期を迎え終えて、風景がどこかしら幸せな表情をしている気がします。SUBARUも今年の夏から秋にかけて BRZ や OUTBACK といったフルモデルチェンジ車両を続々とリリース。今回のすばる星空倶楽部は、なんと SUBARU BRZ S に乗って星空を探す車旅に出ることになりました!


今回の観賞スポットは東京から一番近い棚田? 千葉県鴨川市の大山千枚田

大山千枚田

里山とは人々の住む集落と自然が隣り合う人の手が入った山林一帯を指します。その象徴は棚田ではないでしょうか。棚田は日本の原風景として見直され、全国で観光名所として保全活動が行われています。
私たちすばる星空倶楽部事務局は「東京から一番近い棚田」と言われる千葉県鴨川市の大山千枚田へ訪れました。鴨川というと海辺を想像してしまいますが、じつは丘陵が海までせり出した地形のため、たくさんの棚田がある里山スポットでもあるのです。

東京都心からアクアラインと館山道を利用して90分程度とアクセスも良好。NPO法人大山千枚田保存会の手で運営され、都会の家族連れが田植えや稲刈りといった農作体験などで訪れるそうです。
今回の星旅では、保存会の皆さまから、特別に許可を得て、棚田の中で BRZ の撮影をさせていただきました。

※大山千枚田は「私有の農地」であり、生産現場です。大山千枚田保存会では、棚田の保全を第一に考え、オーナー・関係者以外の方の棚田内入場が制限されています。

棚田とBRZ

棚田とBRZ

※特別な許可を得て撮影をしています
ザ・農道といえる狭くて勾配のある道を超低速で恐る恐る走りました。棚田とBRZの撮り合わせは世界中探しても、すばる星空倶楽部だけなのでは?
私たちが#スバコミをご紹介すると、皆さんがいっそう親しげに。
「私たちのSUBARUといえばサンバーです」
農作業の休憩にいらした保存会メンバーの方がお仕事の愛車を誇らしげに語られていました。やはり農道の盟主といえばサンバーなんですね。
当初の撮影計画にいれてませんでしたが、保存会の皆さんのご厚意に感謝致します。


あらためまして。 新型 SUBARU BRZ S をご紹介!

SUBARU BRZ S

昨年からの報道、本年7月29日の発売から、スバルのお店の展示やインターネット、カタログで何度となく見てきましたが、やっぱりカッコいい! とくに切れ長になったヘッドライトとその延長線に隆起したフェンダーラインとってもハンサムです。内装の上質感を演出するのは起毛皮革調の表皮巻(Sのみ)。触れた質感もさることながら反射光を抑える役目もあるんですね。さすが安心と愉しさのSUBARUです。

SUBARU BRZ S
後輪駆動の力強さを感じさせるリアデザイン

SUBARU BRZ S
かっこよくもなつかしい洗練されたハードトップのドア

SUBARU BRZ S
起毛皮革調の表皮巻がメーターバイザーやドアまわりにあしらわれている

秋の星空観賞にぴったりなアイテムの紹介

秋の天体のひとつに有名なアンドロメダ銀河(星雲)があります。この銀河は天の川銀河より大きいのですが、銀河系の外にあるため地球上からは小さく見え、肉眼で探すことができるにしてもなかなか苦労します。そこでオススメなのがスマホとアプリの連動で自動導入する天体望遠鏡です。また寒暖の差が激しいのも秋夜の特徴。温かい飲み物が欲しいところですが熱々すぎるのも困りものですね。そんな悩みを解決するSUBARUグッズもありますよ !


CELESTRON 天体望遠鏡 Astro Fi5 SCT

スマホ用アプリ「Sky Portal」

CELESTRON 天体望遠鏡 Astro Fi5 SCT

スマホ用アプリ「Sky Portal」で天体をらくらく自動導入

CELESTRONが開発した「Sky Portal」(無料)には、12万個以上の天体情報が登録されています。Astro Fi(アストロフィー)経緯台にはWi-Fi機能が内蔵されており、このアプリをダウンロードしたスマートフォンまたはタブレットから観望したい天体を選ぶだけで自動導入ができます。詳しい天体知識がなくても観測が楽しめる、ビギナーにも嬉しい機能です。
※画像は操作イメージです。日中の観察は危険なので行わないようにしてください。

詳しくはこちら

純正シートレザーコレクション/カップスリーブ(S)

純正シートレザーコレクション/カップスリーブ(S)

スバル車のシートレザーに使われているのと同じ、国内仕上げの革を採用したドリンクカップにはめて繰り返し使えるレザースリーブ。使わないときはぺたんこになるのでかさばらず携行しやすいのがポイントです。

詳しくはこちら

大山千枚田の星空観賞前に注意したいこと

保存会からの注意事項です。すばる星空倶楽部では大原則の約束としていることですが、路駐など指定された駐車場以外での駐車は厳禁です。また棚田に向かって強い光を放つも禁止。週末や有名な天体イベントがあると千枚田で星空観賞される方が多いので事故やトラブルの元になります。マナーよく星を愉しみましょう。ご覧のとおり街灯が明るいので星空スポットとしては足元が比較的明るいです。

大山千枚田


秋の星空はギリシャ神話の英雄譚がまたたく

秋の星空はギリシャ神話の英雄譚がまたたく

秋の星座はギリシャ神話のペルセウス英雄譚を語るのにもってこいの夜空です。ペルセウスは髪の毛が蛇のメドゥサ首を獲った英雄です。天馬ペガススにまたがったペルセウスはメドゥサ退治の帰路に、巨大クジラの生贄となったアンドロメダ姫を救います。 姫の母カシオペヤが海神ポセイドンの怒りを買ったせいで父ケフェウス王は娘のアンドロメダを生贄にしていたんです。この季節にお子さんと星空観賞へ来た際は、こっそり予習してお話してあげたらいかがでしょうか。株が上がりますよ。
天文分野のおもしろさならアンドロメダ銀河が見られることでしょう。約40億年後に私たちの天の川銀河と衝突すると言われています。こちらは天体望遠鏡、または双眼鏡で観賞するのをおすすめします。

天体望遠鏡で撮ったアンドロメダ銀河
天体望遠鏡で撮ったアンドロメダ銀河

秋の星空の目印は天頂「Z」に輝く四角形、BRZだけに(笑) !!

秋の星空はギリシャ神話の英雄譚がまたたく

秋の星空は一等星が少なく意外と探すのが難しいかと思いきや、じつは簡単なんです。真上を見上げてください。ペガスス座の四角形が見つかります。「秋の四辺形」です。その周囲に目を凝らしていけば、ペガススと一体になっているアンドロメダ座、M字が目印のカシオペヤ座、カシオペア座の近くで「人」の字になっているのがペルセウス座です。
ちなみに今回の星空車BRZの「Z」は究極、そして星空のてっぺん=天頂を意味します。あ、ちょっとこじつけました…。※BRZ=BOXER ENGINE・REAR WHEEL DRIVE ・Z(Zenith=究極・天頂)の意味。

ステアリングロック

純正ステアリングロック

盗難の電子化が進む中で、アナログの防止策がおろそかになっていませんか。ステアリング操作ができなくなるシンプルで堅牢な防犯対策が講じられます。本体は頑丈な鋼ながら本革を巻きつけているのでキズつけることなく装着可能です。

詳しくはこちら

秋といえば朝霧。土壌水分の多い棚田ではいっそう濃く

棚田の朝霧

棚田の朝霧

棚田の朝霧

棚田の朝霧

秋の棚田を観賞するなら朝もオススメです。寒暖の差の激しい季節+太陽エネルギーを集めやすいひな壇地形+田んぼという水分の多い土壌という条件が重なり、朝霧の出る確率が平地より高いのです。
取材当日はなんと希少な大気現象「白虹」も観ることができました。霧や雲の水粒子は雨粒よりずっと小さいため太陽光がプリズム分解されず重なり合うため白に見えます。RGB100は白ということですね。

いかがでしたでしょうか。
秋の里山で棚田を巡る星旅。今回は神話に登場する星座やめずらしい大気現象など、ドライブを満喫できる思い出がたくさんありました。来月はいよいよ、あの天体です。
皆さんはもうおわかりですね。それではまた!

プレアデス星団

大山千枚田のスタンプラリーはこちら

帰路に寄ってみたい、星空スポットやドライブスポットを見つけました。


鴨川のある南総エリアは#スバコミのスタンプラリースポットがたくさんあります。
お見逃しなく!

SUBARUのある星景 一覧を見る

#スバコミサイト内検索
マイスバル