Twitter裏話レジンアクセサリー「六連星オリジナルイヤリング」の作り方

2017年9月28日更新

モノづくり企画第2弾は「レジンアクセサリー」 六連星オリジナルイヤリングの作り方

モノづくり企画の第2弾は「レジン液」を使ったオリジナルアクセサリー!
BREEZEの藤谷さんと一緒に挑戦してみます。
思いのほか簡単に作れますので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてくださいね!

ほぅ0ほぅ

BREEZEの藤谷さんと一緒に、オリジナルアクセサリー作りに挑戦!

7月の「3Dホログラム」に続く、モノづくり企画第2弾は「レジン」を使ったオリジナルアクセサリー。今回はSUBARU BRZ R&D SPORTレースクイーン『BREEZE』メンバーの藤谷香々さんと一緒に、SUBARUロゴを使ったオリジナルアクセサリーの制作に挑戦します!
この記事内では六連星イヤリングの作り方をご紹介したいと思います★

レジンアクセサリーとは?

レジンとは「樹脂」のことです。「レジン液」と呼ばれる液体を好きな形に流し込み、UVライトや太陽光に当てて固めることで、透明感のある綺麗なアクセサリーを簡単に作ることができます。このレジン液、最近では100円ショップやホームセンターなどでも入手できるようになり、簡単におしゃれなアクセサリーを作れるハンドクラフトとして人気を集めています。

「六連星オリジナルイヤリング」の作り方制作時間:約60分

【今回使用した材料・道具】

・UVクラフトレジン液(紫外線硬化型)
・イヤリング金具
 → いずれも100円ショップやホームセンターなどで購入できます。
・SUBARUオリジナルステッカースペシャル
https://www.subaruonline.jp/subaru/sticker/FHTR13036000/
・ストーン
・竹串(爪楊枝でも可)

➀レジン液を六連星ロゴに垂らします。

SUBARUオリジナルステッカーの中から、最小サイズのものを切り抜きます。
写真のように、ロゴの周辺に余白を取って切り抜くのがポイント。
切り抜いたら、SUBARUロゴの楕円形に沿ってレジン液を垂らしていきます。
(竹串や爪楊枝があると便利です)

➁流し込んだレジンを太陽光に当てます。

レジン液を垂らしたステッカーを太陽光に当ててめます。
太陽光の場合、30分ほどで硬化するのですが、ここでは時間がないのでUVライトを使いました。(UVライトの場合は約3分で固まります!)

固まると少しふっくらとして立体感を出すことができます。1回で立体感が足りないときは、①②を2~3回繰り返してください。

➂固まったレジンの裏面に金具を通します。

固まったらレジンの裏側にイヤリングの金具を通します。写真のように上下に金具を置き、その上からレジン液を垂らします。

竹串や爪楊枝を使って金具が上下中央の位置になるように整えます。

その後は➁と同様に、UVライトもしくは太陽光で固めます。


➃完成です!!あとはストーンなどでアレンジを。

表裏両面とも完全に固まったらほぼ完成です!六連星チャームだけではさみしいので、市販のストーンやチェーンを付けてアレンジすればより可愛くなります!!

あなただけのオリジナルアクセサリー作りにぜひ挑戦してみてください♪


会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP