#スバコミ 特派員浅田さんが「スポーツ自転車教室」をレポート

#スバコミ 特派員浅田さんが「スポーツ自転車教室」に参加

SUBARUが主催するACTIVE LIFEなイベント“スポーツ自転車教室”に参加

2017年3月25日にツインサーキット鈴鹿にて行われたSUBARU主催のイベント“SUBARU “Safety & Fun” Sports Ride School 第3回 スポーツ自転車教室”に、#スバコミ特派員として浅田さんに参加してもらいました。

浅田さんが出演しているスバ女vol.2はこちら

記事でも紹介されているように、浅田さんはロードバイクが趣味で実業団の選手とともに走る実力派。
今回はSUBARU車とスポーツ自転車を愉しむ浅田さんに、イベントへの参加体験レポートと、自転車の楽しみについてお聞きしました。

“スポーツ自転車教室”へ出発する浅田さん。

浅田さんのプロフィール

Q.ご自身の簡単なプロフィール(SUBARU車歴、自転車歴)を教えてください。

2004年にSUBARUの軽自動車のR2を一目惚れして購入。その後もSUBARUの魅力にどっぷりとハマり、レガシィツーリングワゴン(BR9)を2台乗り継ぎ、現在は初のターボ車であるフォレスターXTに乗っています。自転車は、2011年の春から自転車ブームに乗っかりロードバイクを始め、やってみると楽しくて気づけば実業団選手やプロロードレーサーの方々と走ってました(笑)

浅田さんのプロフィール(#スバコミ)

AM7:00鈴鹿へ出発

Q.会場へは何時出発で、どのように向かい(大体のルート)、どういう心境でしたか?

10時集合ということで7時に自宅を出発し、名阪国道経由でまったりオール下道で会場に向かいました。道中は渋滞もなくアイサイトのクルーズコントロールでスムーズに走れて快適でした。

途中、何度かロードバイクに乗った人を見て久しぶりの自転車イベントに行くのでワクワクしてました。それと同時に、自分自身もロードバイクに乗るので自転車とクルマとの距離感や追い越しのタイミングなどを考えながら運転してました。

イベントに参加して、自転車とクルマについて思うコト。

鈴鹿に到着、イベントに参加し、受講開始

Q.スポーツ自転車の安全な乗り方講座”を受講されてた際の発見、気づき、スポーツ自転車に乗る人に知ってほしいことを教えてください。



トークセッションの話を聞いて、まず自転車の交通ルールを再確認しました。どこを走れてどこはダメなのか。理解してたと思っていたことも、また実は違っていた内容もあり、とても勉強になりました。

日本の交通社会では、歩行者・自転車・自動車と全くパワーが違うものが共存しているので、お互いにコミュニケーション(サインやアイコンタクト)をとってお互いに理解することが重要だということを、スポーツ自転車に乗る人も、全ての人に知ってほしいと思いました。

個人のちょっとした配慮によって交通マナーが良くなります。交通社会が円滑になるよう一人一人の認識が大切だと感じました。

続いて実技講習に参加

Q.“スキルアップクラス”の講習の内容、どのような部分が愉しめたか教えてください。



レース経験者のスキルアップクラスはガチでサーキットを引きずり回されるのかと思っていたのですが、バランス系の練習で安心して楽しめました。 実技講習では、以下の内容で2時間ほどかけて練習しました。

■ペダルは漕がずに重心移動の練習

  • 低速でも安定して走るための一本橋走行
  • 八の字とスラローム
  • タイヤを浮かさずフルブレーキ(急停止)
  • 左右コーナリングと視点移動


これらの基礎練習は見た目は簡単にできそうですが、いざやってみるとスキルアップクラスの方々でさえバランスを崩してフラフラしたり、上手くできず悪戦苦闘する方も多かったと思います。私自身もフルブレーキの時は立ちゴケしちゃいました(汗)
基礎動作は自転車を上手くコントロールするために大切なことなので、安全に走るためにも、もう一度基礎からしっかり練習していきたいと思いました。
基礎練習の後は、サーキットのコースを使い集団走行の練習をしました。まずは二人並んで並走。次は三人。その次は前後で四人一組と集団を増やしていって最後は二列に連なり集団走行しました。スピードはともかく距離を保つのが大変でした。終わりに近づくと付近の皆さんとおしゃべりしながら走っていたのでトレインの感覚が薄かったですが仲間意識も芽生えて楽しかったです。

イベント参加を終えて

Q.スポーツ自転車の今後の目標や、イベントに参加してそれがどう変わったかを教えてください。



過去はストイックな練習やレースに参加してましたが、今後はそのキャリアを生かして自分の体力に合わせて趣味(カメラや食べ歩き)を取り入れながらフォレスターと共にスポーツ自転車を楽しみたいと思います。今回のイベントに参加して、スポーツ自転車の基礎の重要さと自動車を運転するドライバーとしてのマナーも大切だと再確認できたのでとても貴重な経験になりました。

SUBARU車好きには、スポーツ自転車も好まれる。

浅田さんが思う自転車の魅力

Q.♯スバコミメンバーに伝えたい、スポーツ自転車の愉しさ、SUBARU車とスポーツ自転車を愉しむ浅田さんだからわかる魅力を教えてください。

スポーツ自転車の楽しさ・魅力を挙げると

  • ママチャリと違い軽快に走れる。
  • 遠くまで走れて達成感がある。
  • パーツを交換してカスタマイズする楽しみ(これはクルマと似ている)
  • 走り終わった後のご飯がめっちゃ美味しい。
  • SUBARUといえば自転車です!



SUBARU車を好む私自身、ロードバイクで走り終えてからフォレスターに乗ると運転する楽しさと守られてる安心がありとても快適で病みつきになります(笑)文章を読んだだけでは伝わりきらないと思うので、せひ一度スポーツ自転車に乗ってみてください。スポーツ自転車のイベントなどでは気軽に試乗できる機会もありますから皆さんも一度体験してみてはいかがでしょうか。

#スバコミ事務局から

active-life-fes

スバルの考える”アクティブライフ”を体感できる参加型イベント

全国各地でスポーツイベント、試乗会、スバルの安全技術体験など、様々なイベントを開催中です。
体験したメンバーの方は、ぜひ#スバコミ掲示版で感想をお聞かせください。

”ACTIVE LIFE SQUARE” 情報ページ

関連リンク

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP