特集

夏休み特別企画SUBARUプラモデル/ミニカー写真コンテストもついに結果発表です!
どれも⼒作揃いだった今回の作品の数々。プラモデル部門はSUBARUや愛車への思い入れがひしひしと伝わるハイレベルな作品ばかり。
一方、ミニカー部門は、シチュエーションや演出に凝った創意工夫あふれる作品がたくさん目に留まりました。
そして結果発表です! 各賞は、石井デザイン部⻑の選による、「プラモデル部門」、「ミニカー部門」それぞれの優秀賞1作品と入選5 作品、そして#スバコミメンバーの皆さんの投票による各部門1 作品の「#スバコミ賞」となります。石井部⻑の選評と一緒に受賞作品をじっくりとご覧ください!

受賞作はスバルスタースクエア(本社1階)にて展示中
9月15日(土)〜9月25日(火)まで

優秀賞

プラモデル部門

「インプレッサの記念すべき初勝利」 作: x-breaknight さん
プラモデルの出来栄えだけでなく、写真も逆光の撮り方や自然光の中での玉ボケが夏を感じさせます。

ミニカー部門

「夏を運ぶサンバー」 作: Planet_echo さん
入道雲と海をモチーフにした背景のイラスト、貝殻と一緒に散りばめられた六連星など、独自の世界観を表現された秀逸な作品です。

入選

プラモデル部門

  • 「テントウムシでてんとう虫」 作: ともとも さん
    てんとう虫の夏っぽさが秀逸です。デザインもよく、グリーンと対比させた写真の配置も上手です。
  • 「スバル アルシオーネ 4WD VR ターボ WRC `99(R. バーンズ)モデル」 作:スバリスしまりす さん
    はじめてのカープラモデルでよくぞここで仕上げました。アルシオーネが今の時代にWRCで活躍していたら? という視点はとても夢があります。
  • 「稲の波」 作:えすよん さん
    名車サンバーをWRカーのレプリカに。農道を颯爽と走るイメージが伝わってきます。
  • 「スバル ジャスティ RS 1985年式」 作:すばるっち さん
    レックスのプラモデルを拡幅、部品作成してジャスティに仕上げた超テクのプラモデル作品。こちらの制作を経て実⾞を購入されるとは、なんてまっすぐなSUBARU愛なのでしょうか!
  • 「スバル レオーネ クーペ 1400(フルオプション)」 作:a151300g さん
    締切当日に投稿された、これまた超絶作品。当時の カタログを⾒ながら山田模型の難有りの部分を⾒事にリカバーして組み上げられています。オプションパーツもお手製。恐れ入りました。

ミニカー部門

  • 「首都高11号台場線」 作: E.P. さん
    首都高をバックにした構図が、小さなミニカーを感じさせない仕上がり。作り込みが素晴らしいです。
  • 「青き鏡面の世界で」 作:も~り~! さん
    愛車のボンネットの上で鏡面撮り。1/43の仕上がりとは思えないのは、HPIのクオリティだけじゃなく、写真の腕もあるでしょう。
  • 「夏休みの自由研究」 作:yutakami さん
    コメントによれば小学校5年のお子様が設営から撮影まで行ったとか。これぞまさしく夏休みですね! yutakamiさんの英才教育?にも感服しました。
  • 「500miles a day」 作:KURI_RYO さん
    アルシオーネSVXの当時のCMと同じアングルとテイストで撮られた絶品の1枚。分かる人には分かる通な作品です。
  • WRブルーと自分の元気色 作:ノースブルー さん
    手のひらサイズの愛車に込められた自分の世界観とロケ撮した現場の夏っぽさが伝わる気持ちの良い一枚です。
  • 作品審査中の石井デザイン部長と雲野デザイナー。

  • 実⼒伯仲のプラモデル部門の優秀賞は最後まで接戦!ミニカー部門は世界観の表現が選考のポイントに!

    プラモデル部門に応募された作品の作り込みのすごさは、石井デザイン部長も脱帽。さすがはSUBARUファンの作るプラモデルです。一つひとつの作品に作者の深い愛情を感じました。今回は写真コンテストでしたが、もし審査対象がプラモデル本体のコンテストであったならば、a151300gさんの“レオーネ クーペ1400GSR(フルオプション)“と、すばるっちさんの”スバル ジャスティRS1985年式“の決選投票だったかもしれません。

「今回は、模型の作り込みだけでなく写真の面白さも審査のポイント。優秀賞を受賞したx-breaknightさんの“インプレッサの記念すべき初勝利“は、プラモデルの作り込みも写真もプロフェッショナル。SUBARU愛も感じられました」と石井デザイン部⻑。総合的に優れた作品でした。 一方、ミニカー部門はPlanet_echo さん作の「夏を運ぶサンバー」は、夏らしさとともにミニカーを引き立てる背景画や小道具の配置のセンスの良さが選出ポイントとなりました。 「一言でおしゃれ。カプセルトイのミニカーを使用するなど、チープシックな手法で、SUBARUとの思い出が写真に込められている。それに、この作品からはSUBARUのある暮らしに笑顔が感じられます。独自の世界観を構築されています」と石井部長も思わずほっこり笑顔でした。

  • 一つひとつ吟味するのが愉しかった作品審査。

  • 今回の応募数はプラモデル30数点、ミニカー100数点。投稿して頂いた皆さん、本当にありがとうございました!!

    #スバコミで初めて企画したプラモデル/ミニカーコンテスト。たくさんのご応募、誠にありがとうございました。スタート時点では、事務局としてどれくらいご応募いただけるのか心配していたのも正直なところでしたが、結果的に杞憂に終わりました!これをステップに次の企画を検討していきたいと考えております!一方、石井デザイン部長からは、「われわれデザイン部も皆さんから、熱い想いをいただきました!」とのこと。
    今後とも、実車同様にSUBARU車のプラモデル、ミニカーをたくさん愉しみましょう!!

石井デザイン部長から投稿した皆さんへ感謝の動画をお送り致します。

スバコミ賞

  • プラモデル部門

    「スバル ジャスティ RS 1985年式」 作:すばるっちさん
  • ミニカー部門

    「首都高11号台場線」 作: E.P. さん

「また皆さんの素敵な作品に出会える日まで。」

夏休み企画として7月末から始動したプラモデル/ミニカー写真コンテスト。
多くの#スバコミメンバーの皆さんのSUBARU愛あふれる投稿により、大盛況のうち幕を閉じます。
ですが今月25日(月)まではSUBARU本社「スバルスタースクエア」にて受賞作品展示中ですので、 お近くに来た際はぜひお立ち寄りください。

そして最後に、今回この企画にご協力いただきたくさんの投稿くださった#スバコミメンバーの皆さん ありがとうございました!

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
SUBARU IDのご紹介 IDひとつで、もっと広がるスバルライフ!
#スバコミサイト内検索
マイスバル