こぼれ話SUBARUトリビア

SUBARUトリビア

SUBARUの最新技術やサービスに関するトリビアを、
定期的に連載していきます。

Vol.61 SUBARU製の家?

SUBARUにはバスボディの技術を応用しコンテナハウスを開発生産するハウス事業部門がありました。同部門は、建設現場向けの仮設ユニットハウスの開発、製造、販売からスタート(1971年)。工事現場用の仮設事務所として、明石海峡大橋建設現場や海外の建設現場にも納入されました。また、勉強部屋などに使える個人向けのミニハウスを販売(1983年)。その後も店舗・事務所向けのハウスなど商品を拡充し、富士ハウレン株式会社として分社化(2004年)。富士ハウレン株式会社は、富士重工ハウス株式会社と名前を改め(2011年)、現在にいたっています。

最近では、西日本豪雨被災地支援として中央共同募金会を通じて三原市6棟、広島県安芸市4棟、倉敷市24棟と合計34棟のボランティアセンターを提供しました。SUBARUの関連施設の守衛所やSUBARUディーラーの店舗などにも富士重工ハウスによるものがあるとのことです。

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
SUBARU IDのご紹介 IDひとつで、もっと広がるスバルライフ!
#スバコミサイト内検索
マイスバル