スバル360モデルの変遷|スバル博物館

スバル360モデルの変遷

1958年に誕生したスバル360は大きなモデルチェンジをせず12年間にわたって作り続けられました。とは言っても、決して全く同じクルマを作り続けていたわけではありません。より完璧な軽自動車を目指して、外装、内装など細部にわたる変更が幾度となく繰り返され、年を経るごとにクルマとしての熟成が着実に進んで行ったのです。

現状に決して満足することなく、市場の声に耳を傾けながら、より良いものを目指して限りない努力を重ねていったからこそ、12年もの間、高い評価を得ることが出来たのではないでしょうか。ここでは、そんなスバル360のモデルの変遷を辿っていきます。

ボディの変遷

  • 1958
    1958年3月3日、スバル360の第1号車が、個性的な明るいデザインで登場しました。

  • 1959
    1959年までは、フロントは左右に分割された2バンパーでした。

  • 1960
    1960年には数多く の改良が施されました。 まず、外観では、フロントバンパーが 一本になりました。

  • 1961
    パーキングランプ及びリフレクターが新設され、マフ ラーはそれまでの右舷から左舷に移りました。

  • 1962
    1962年からはスタンダードとデラックスに分かれました。 スタンダードでは 、バックミラー、サンバイザー、 灰皿等が改良されました。 また、メーターバイザーも変更になっています。

  • 1963
    サイドウインドウはフルオープン昇降式になり、リヤサイドウインドウも開閉式となりました。

  • 1964
    1964年には スタンダード、デラックス共に2テール ランプの採用と縦型 ルーバーの採用により、リヤデザインが一新されました。

  • 1965
    ワンキーシステムになりました。

  • 1967
    1967年には、 全車種にサイドフラッシャーランプを取付け、 またバックアップランプを装備されました。

  • 1968
    1968年には、”スバルマチック”エンジンを25馬力にパワーアップし 、全車種にオーバートップを採用しました。

ドア・ウィンドウの変遷

  • 1958
    1958年発売型ドアには大きなドアポケットがありました。

  • 1959
    1959年型3枚窓の前後スライド式でした。

  • 1962
    1962年型リヤウインドーは開閉式となりました。(イラストはデラックス)

  • 1963
    1963年型ドアの内張りがほどこされ、サイドウインドーはフルオープン昇降式となりました。(イラストはデラックス)

  • 1965
    1965年型ドアロックはラックピニオン式となり、また ドアハンドルはプッシュ 式となりました。(イラストはデラックス)

  • 1966
    1966年型ドア内側にポケットが新設されました。(イラストはデラックス)

ハンドル・ダッシュボードの変遷

  • 1958
    1958年発売型 スバル360 の ハンドル、ダッシュボード廻り簡素で機能的な運転 席廻りは、大衆車としての本質を追求しつくした感じのものでした。

  • 1961
    1961年型ハンドルはプラスチックの2スポークタイプの朝顔型になりました。

  • 1962
    1962年型には、メーターバイザーが付き、ハンドルの形状が変わりました。

  • 1963
    1963年型デザイン一新の1963年スバル360のハンドル、ダッシュボード廻り。 自動車業界はデラックス化の傾向が目立ち、 こうした時代の要求に応じてスバル360にも乗用車ムードをとり入れました。

  • 1966
    1966年型 1965年には、走行中の視覚上の安全性を確保するために、ハンドル、メーターバイザー、各種ツマミ類の塗色が濃紺色に変更されました。

シート廻りの変遷

  • 1958
    1958年発売型シート廻りは、前後共にセパレートタイプでした。また、リヤシートは折りたたみ式で背当を倒すと100kg程度の荷物を積むことができました。

  • 1962
    1962年型 シート廻り。

  • 1962
    1962年からは、スタンダー ドとデラックスに分かれ、1960年前期型デラックスではツートンカラーの上質シートが採用されました。

  • 1963
    1963年の後期型デラックスでは、シート廻りは一新され、フロントシートにはリクライニングシートが採用されました。

  • 1966
    1966年型スーパーデラックスのシート廻りフロントシートは、5段スライド式に改良されました。

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP