特集

#スバコミライター井元のイベントレポート#スバコミ有志メンバーオフ in 那須ハイランドパーク

楽しいコンテンツが盛りだくさん!

#スバコミ有志メンバーオフとは?

5月14日に栃木県にある「那須ハイランドパーク」にて、#スバコミ有志メンバーによるオフ会が開催されました。
このオフ会は、メンバーのみなさんが#スバコミと作り上げることを目指し、事前に応募された有志の方主催とし、それを#スバコミがバックアップするというものでした。
この初の試みに主催者として参加していただいたのがSUBARU BRZに乗るBRZ-ポメパパさんとWRX S4に乗る黒金山都さんのお二人。そして、私、井元が取りまとめ役ということで参加させていただきました。
このオフ会を実現させるために事前打ち合わせを繰り返し、コンテンツ内容なども有志の方と一緒に決めさせていただきました。

那須ハイランドパーク
様々なアトラクションを自然の中で満喫できる遊園地。
那須高原の大自然の中、絶叫系からお子様向けの10大コースターをはじめ、那須連山・関東平野を一望できるアトラクションなど約40種が揃い、半数以上は小さなお子様からご家族みなさんで楽しめます。

公式ホームページはこちら

オフ会に花を添えた、豪華ゲスト陣

ゲストには、現行型WRXシリーズやインプレッサSPORTハイブリッドなど、数多くのスバル車の開発責任者(PGM)を歴任されたSTIの高津益夫 商品開発部長をはじめ、スバルネクストストーリー推進室から「中の人ブログ」でもお馴染みの平手宏冶さんも参加。

スバルネクストストーリー推進室 平手さん

STI 高津さん

平手さんからは開会式の際に、#スバコミについて2つの重大発表がありました。

その1: フレンド機能リリース!
このオフ会に合わせ#スバコミの新機能「フレンド機能」が登場。
同じ車種・趣味、オフ会仲間探しなど、皆さんの『見つかる・つながる』をサポートします。
詳しくは【公式】新機能「フレンドリスト」のご案内まで

イベントではフレンド機能をより広く使っていただくために、ユーザー情報が印刷された名刺を来場者にお配りしました。名刺を交換し、QRコードリーダーで読み取れば、そのユーザーとフレンドになることができる仕組みです。今後のイベントでも登場するかも?

その2: ”SUBARU Sound Journey on Amanek”がスタート!
#スバコミ とデジタルラジオのAmanek のコラボが決定!
6/3(土) 6:00~20:00の14時間 #SUBARUの日 として一挙放送。
皆さんのリクエストが放送されるかもしれません。
SUBARU Sound Journey on Amanek 特設ページ
SUBARU Sound Journey on Amanek リクエスト掲示板

海外仕様車B9トライベッカの展示

今オフ会の目玉の一つと言える車両展示。SKC(スバル研究実験センター)の技術資料館に保存されているB9 トライベッカを、#スバコミからのリクエストを受けたSNS推進室の協力によって、SUBARUが運搬・展示してくれました。B9 トライベッカは、2005年から2014年にかけて海外で製造・販売していたクロスオーバーSUVで、当時のレガシィ(4代目)をベースに6気筒エンジンを搭載した3列シートのSUVです(2列仕様も存在した)。

先の4月に開催されたニューヨークオートショーでは3列シートの大型SUV「アセント」が公開されたばかり。そのご先祖様ということもあり、国内ではなかなか見ることのできないクルマとして、参加者皆さんの注目を集めていました。もちろん、外装だけでなく、実際に座ってみたり、ボンネットを開けたりといったことも体験していただける大変貴重な機会となりました。

さらにBREEZEの藤谷香々さんと霧島聖子さんのお二人も参加。会場に華を添えました。こうしたスペシャルゲストはなかなか個人主催のオフ会では来ていただくことは難しく、SUBARU公認のオフ会ならではといえるでしょう。

SUBARU車向けパーツメーカー4社が出展

この有志メンバーオフ会には、4社のショップ様にも出展いただき、ドレスアップコンテストやじゃんけん大会の賞品をご提供いただきました。
ピンストライプをはじめ、WRXやレヴォーグオーナーから強い支持を得ている「Prototype」様、続いて、何と大阪から駆けつけていただいた流用の匠「オートプロデュースA3」様、かゆいところに手が届く、こんなパーツ欲しかった!がここにある「シャイニングスピード」様、WRXもBRZもお手の物。エクステリアパーツから小技を利かせたオリジナルアイテムまで取りそろえる「YR-ADVANCE」様の4社にご来場いただきました。
開会式では、それぞれのショップメーカーの方々のアピールタイムも設けられ、その後は物販やデモカー展示などを行っていただきました。

prototypeの公式ホームページはこちら
オートプロデュースA3の公式ホームページはこちら
シャイニングスピードの公式ホームページはこちら
YR-ADVANCEの公式ホームページはこちら

熱狂した"オフ会恒例じゃんけん大会"!

今回のオフ会では、家族も楽しめるゆったりとしたコンテンツを計画し、小さなお子様連れでも楽しめるオフ会として、みなさまに楽しんでいただけました。様々なコンテンツが実施される中で、久しぶりに会う人、ネットでしか交流がなかった人同士が談笑するなど、オフ会の原点に立ち返ったような素晴らしい会となりました。

一同に集結したSUBARU車をご紹介

当日、会場には個性溢れる多様なスバル車が駐車場を埋め尽くしました。 最新の新型インプレッサから、昭和スバル車の参加者のご協力により、スバル360やスバル1000といった歴代の名車もたくさん会場に集まりました。

主催者の愛車はこちら

今回の、オフ会の主催である有志メンバーのお二人、SUBARU BRZに乗るBRZ-ポメパパさんとWRX S4に乗る黒金山都さんのお車を紹介します。外部サイトには、詳しい紹介ページもあるので、そちらもあわせてご覧下さい。

CLUBRZ Owner’s Link Project BRZ-ポメパパさんの愛車紹介
黒金山都さんのみんカラ愛車紹介ページはこちら

BRZ-ポメパパさんのBRZ
当日は運搬車での参加でしたが、STIパーツを中心に仕上げた愛車がこちら

黒金山都さんのWRX S4

昭和スバル車も多数参加

昭和スバルの方々のご協力により、スバル360やスバル1000といった歴代の名車もたくさん会場に集まりました。
会場内でも、注目の的となっていたのがラビットスクーター。S-1型ラビットスクーターはなんと1946年製。スバル360の製造開始が1958年ですので、さらに12年も前のモデルということになります。この博物館レベルのラビット。なんと走行も可能で、駐車場内を試運転する姿も見られました。昭和スバル車の画像は以下をクリックしてください。

ドレスアップコンテストに多数参車!?

会場ではドレスアップコンテストも開催。ドレスアップコンテストでは15台のエントリーから、STI高津賞、#スバコミユーザー(投票)賞、BREEZE賞、各出展社賞が表彰されました。

STI高津賞の榊さん

#スバコミユーザー(投票)賞の彦やんさん

BREEZE賞の新斬まおうさん

個性溢れる多様な参加車両をご紹介

会場は、個性溢れる多様なスバル車で埋め尽くされていました。 最新の新型インプレッサから名車と言われるラリーカーのレプリカモデルまで、普段は見ることのできないSUBARU車が一挙集結した様子をご紹介します。

【公式】スバル インプレッサをつくる!で学ぶ掲示板では1993年 Ari Pieti Uolevi Vatanen仕様 IMPREZA !を紹介しています。

イベントを終えて

BRZ-ポメパパさん

本当にありがとうございました。自分にとっても意義のあるイベントに参加させて頂き大変嬉しかったです。

黒金山都さん

無事にオフ会を終えられて一安心です。
参加いただいた皆様にも喜んでいただけたようで本当に良かったですし、今回の経験で得たものを今後に活かしていきたいと思いますww
次を考え始めてますので乞うご期待🎵

#スバコミライター井元さん

参加された方、運営された方、皆さんの笑顔に癒されました。至らない部分があったかと思いますが、これを活かして定例化するといいですね。またやりましょう!
参加された皆様、ご協力いただいたボランティアスタッフの皆さま、協賛していただいたショップ様、ありがとうございました!

#スバコミ事務局

#スバコミとして初の試みとなる「有志メンバーオフ会」。当日は、165台233名の方にご来場いただきました。次回のオフ会・イベントなどではより参加者の皆様に楽しんでもらえる運営を目指します。

是非また、こうした機会を設け、多くの人にオリジナリティあふれる素敵なオフ会を開催してほしいと感じるイベントでした。
ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。
(Text by 井元貴幸 Photo by 重田信哉)

会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP