SUBARUモータースポーツ応援プロジェクト2017

#スバコミ「SUBARUモータースポーツ応援プロジェクト2017」リーダー・井元のモントレー2017 in 嬬恋応援レポート

皆さんこんにちは!6月10日から11日にかけて、群馬県の嬬恋村にて、「全日本ラリー選手権 第5戦 モントレー2017 in 嬬恋」が開催されました。
#スバコミでは会場にて、モータースポーツ応援プロジェクトとして、ラリー観戦・オフ会をもっと愉しんでいただくためのブースをご用意。レース終了後のブースには、優勝を果たした新井敏弘選手をはじめ、勝田選手、鎌田選手らSUBARU/STIがサポートするドライバーの方々にご来場いただき、交流を持つことができました。
このレポートでは、そんなファンの皆さんの応援や、チーム、そしてドライバーとの交流の様子をお伝えします。

SUBARUの地元でもある群馬県の開催ということもあり、会場はSUBARUファンが多数観戦に訪れました。これまでに以上に駐車場はSUBARU車で埋め尽くされ、その光景は圧巻でした。


もっとオフ会を愉しめる#スバコミブース

#スバコミブースでは唐津、富士、AUTOPOLISに続き、SUBARU モータースポーツ応援プロジェクト2017の応援フラッグも登場!応援してくださるファンの皆さんから2日間で2枚のフラッグにたくさんのメッセージをいただきました。
熱いメッセージをありがとうございました。 完成した応援フラッグはチーム、そしてドライバーにお届けしました!

メッセージを書き込んでいただいた方には応援プロジェクトオリジナルのステッカー、そして、今回から登場した応援プロジェクトの手旗をプレゼント!用意された手旗は、たくさんの熱いSUBARUファンの皆さんへお渡しすることができました。

また、富士スバルさんによるSUBARU・STIのグッズ販売も開催。来場者の皆さんも様々なグッズを購入されていました。

さらに、新井選手のWRX STIラリーカーをはじめ、発表されたばかりの新型WRX STIや新型SUBARU XV、さらには新型インプレッサやSUBARU BRZが展示されていました。

なんといっても、ラリーで活躍中のWRX STIが展示されていることもあり、その注目度の高さも手伝ってブースは大盛況。

唐津に続き、会場にはWRX STIの開発エンジニアでもある株式会社SUBARUの嶋村さんも来場。ここでしか聞けない新型WRX STIトークショーを実施し、新型車の開発秘話や今後の展望をお話しされました。また、展示車前では、訪れた人たちの質問にご回答されていました。

イベント2週間前に発表されたばかりの新型WRX STI

WRX STIエンジニア 嶋村さん

ドライバーに間近で会える!#スバコミメンバー限定サービスパークツアー

モントレー2017 in 嬬恋では、サービスパークツアーも開催。

サービスパークツアーでは新井敏弘・田中直哉 両選手の富士スバルアライモータースポーツWRXチーム、勝田範彦・石田裕一 両選手のラックSTI 名古屋スバルDUNLOP WRXチーム、そして、第4戦の若狭ラリーから復帰した鎌田宅麻選手と市野諮選手のYMS DUNLOP TEIN WRX STIチームを訪れました。

いずれのチームの皆さんも、時間に追われる分単位のスケジュールのなか、ファンの皆さんと気さくに話したり、写真撮影に応じていただきました。ツアーに参加された皆さんも、応援プロジェクトのサービスパークツアーを満喫されていた様子でした。

ファンの応援が届き、SUBARU勢が上位を独占。新井選手は3連覇!

ラリーは新井敏弘・田中直哉 両選手が優勝!モントレー in 嬬恋で3連覇を達成しました。そして勝田範彦・石田裕一 両選手が3位、鎌田卓麻・市野諮 両選手は4位と、スバル勢が上位を占めました。皆さんの応援がチームの原動力になりました。

全日本ラリーの応援プロジェクトでは唐津に続き、2回連続でSUBARU勢が優勝!皆さんのメッセージがチームに届き、一体となって勝利への追い風となったといえるでしょう。これからも心を一つに、応援プロジェクトに参加していただけると幸いです。

なお、全日本ラリーのリザルトやレポートはSUBARU MOTORSPORT MAGAZINEに掲載されていますので、併せてご覧ください。イベントの締めくくりには、ラリーを終えた新井選手、勝田選手、鎌田選手が#スバコミブースを訪れ、集まったファンの皆さんと記念写真を撮影したり、握手会、サイン会など交流を深めました。

レース終了後、#スバコミブースにご来場された新井敏弘選手

勝田選手、鎌田選手との記念撮影

新井選手のサイン会の様子

新井選手のサイン会、最後の一人はなんとぐんまちゃん!地元ということもあり、新井選手のファンのようですね。(笑)

Amanekナビゲーターも来場、次回放送7月1日(土)にご期待ください!

先日、6月3日(土)に放送された「SUBARU Sound Journey on Amanek」のナビゲーター真野淑實さんを始めとする取材班も来場。次回の放送に向けた取材を行われました。

次回のラジオ放送に向けて、ブースにお立ち寄りいただいた#スバコミメンバーの皆さんへの取材や、レース終了後のドライバーの皆さんへも突撃取材を敢行。
嬬恋で収録されたイベントの様子は次回7月1日(土)の「SUBARU Sound Journey on Amanek」で放送されます。

SUBARU Sound Journey on Amanek特設ページはこちら

次回はSUPER GT 第6戦 鈴鹿 8月26日~8月27日でお会いしましょう

次回の“SUBARU モータースポーツ応援プロジェクト2017”はSUPAR GT 鈴鹿で開催です。

★ 開催日  2017年8月26日~8月27日
★会場 鈴鹿サーキット

実施予定のコンテンツ情報については、#スバコミ掲示版そしてメールマガジンでお知らせします!
会場に足をお運びいただき、ぜひ応援プロジェクトにご参加ください!
また、#スバコミ掲示板からもぜひ応援よろしくお願いいたします!

コンテンツが盛りだくさん。是非モータスポーツ会場へ!

会場にはSUPER GTの富士に続き、ぐんまちゃんが来場。スバルのレーシングスーツをまとったぐんまちゃんは、嬬恋でも大人気!ブースを訪れた皆さんと、たくさん写真を撮っていました。

ラリーパークでは唐津同様、地元の名産品などを扱う露天が数多く出店。地元群馬に限らず近隣各県のB級グルメなども楽しむ事ができました。また、様々なカスタマイズメーカーも出展。

ホルモン屋さんの隣がホイール屋さんという珍しい光景もモントレーの会場ならではですね。今回のモントレーin嬬恋の会場となった嬬恋村は温泉をはじめ、夏はアウトドアやトレッキング、冬はスキーと1年を通して観光を楽しめる場所であり、名産品は「嬬恋高原キャベツ」。標高800m~1,400mの高冷地で育てられた自然たっぷりの高原野菜で、主に夏から秋にかけて出荷されているそうです。最盛期の嬬恋村産のキャベツの売上は全国の総出荷量の半分を占め、名実ともに「日本一のキャベツ産地」となっています。実際にラリー会場では嬬恋で採れたキャベツを購入することもできました。

ラリー会場は、ご家族連れでも楽しめますので、休日のお出かけ先にモータースポーツ観戦に出かけてみるというのはいかがでしょうか。

Text and Photo by 井元貴幸


会員登録のご案内

スバルとクルマが好きな方なら誰でも会員登録できます。

  • 会員登録は無料
  • 車をお持ちでない方大歓迎
  • 他メーカーの自動車オーナーの方でも登録OK
#スバコミTOP